人気ブログランキング |

気ままなつぶやきです


by kibouh1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2019年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

お知らせ


お知らせの次からが投稿です

全国首長九条の会の呼びかけ、再録します(メルマガ編集部)
憲法9条を守り抜くために全国首長九条の会を結成しましょう。
5月18日、「全国首長九条の会」準備会を結成しました。

今年は、安倍首相のもとで9条改憲発議を許すか、という正念場の年です。
7月か8月には参議院議員選挙が行われます。この選挙で改憲派の3分の2を打ち破ることが重要です。
 この重要な時機に当たり、全国の首長(現職、元職)有志が5月18日(土)東京で「全国首長九条の会」を結成しようと集まりました。
東北6県市町村長九条の会連合(東北6県の首長経験者でつくる会=東北連合と略称)が呼びかけ、九条の会東京連絡会、九条の会、東北連合、首長有志の4者が打ち合わせ、準備しました。呼びかけは「九条の会メールマガジン」で2回掲載してお知らせし、また準備会メンバーの知人・友人にも呼びかけました。
18日の準備会までには105名の首長経験者が賛同。
5月18日の準備会には22名が参加しました。
 今日の「九条の会メールマガジン」では会の一部をお伝えすることしか出来ません。全国の首長経験者の皆さん、また関心をお持ちの皆さん、ぜひ事務局(「行動計画の最後に掲載」に意見をお寄せください。
 「アピール」にあるように、「今こそ、首長や首長経験者が声を大にすべき危急存亡の秋」です。力を合わせ、戦争への道を二度と歩むことがないよう、頑張りましょう。
 当面、以下を進めませんか。
一 「全国首長九条の会」結成に向けたアピールをお読みください。
二 「行動計画」には8つの具体的な項目が書いてあります。お読み下さい。
三 首長経験者の皆さんで賛成される方はご連絡ください。メールでも封書で
もファックスでも構いません。「行動計画」に連絡先が2ヶ所、5名書かれています。そのどこでも結構です。
四 「全国首長九条の会」は早期に結成したいと考えています。時期などは改めてご報告いたします。
五 安倍改憲のスピードに勝るスピードが必要です。各県段階で会を創りまし
ょう。個人参加も可能です。 
 
◆「全国首長九条の会」結成に向けたアピール

国民のみなさん
全国の都道府県知事、市区町村長の皆さん、元職の皆さん
本日私たちは、「憲法9条を守り生かす全国首長交流会」を開催し、政党政派にとらわれず、平和憲法9条を守り抜くという壮大な目標に向かい、さまざまな垣根を取り払い、「9条を守る心は一つ」、「一人の百歩より百人の一歩」を合い言葉に、「全国首長九条の会」の結成に向けた第一歩を踏み出しました。
今年は、安倍首相のもとで9条改憲発議を許すか、という正念場の年です。
私たちは、選挙で選出され、市区町村民の生命財産を守ることを究極の使命とし、これを脅かすものに身命を賭して立ち向かってまいりました。
私たちは、この憲法9条の「改憲」こそ、市区町村住民の安全・安心を脅かす最たるものであり、断固としてこの動きを阻止し、憲法九条を守らなければならないと決意を新たにしています。特に、住民のみなさまの安全安心を脅かす戦争は、断じて阻止しなければなりません。
安倍首相が、地方自治体の自衛隊募集業務への非協力を理由に改憲を改めて打ち出したことは、いわれなき9条改憲であり、地方自治体への挑戦であります。地方分権一括法施行から19年、「国と地方は、対等協力の関係」という精神をわきまえず、個人情報の保護を謳う行政執行に逆行する安倍首相の主張は、まさに無知無法であり許せません。また沖縄県民の民意を無視し辺野古新基地の工事を強行することは、憲法と地方自治を踏みにじるものであります。
今こそ、首長や首長経験者が声を大にすべき危急存亡の秋(とき)ではないか、との思いがいや増すばかりです。
いま全国では7000を超える「九条の会」が憲法9条を守るために幅広い運動を展開しています。あわせて安倍改憲を許さないと3000万人署名運動も取り組まれています。
私たちは、「九条の会」と歩みを共にし、憲法9条の理念を高く掲げ、これを堅持し実行することが人類に課せられた歴史的使命であることを誇りとして、市区町村住民すなわち国民の偉大な英知と力の結集をはかるために、自治体首長、元首長のみなさまに「全国首長九条の会」への結集と、都道府県での「首長九条の会」づくりを心から呼びかけます。
安倍首相のすすめる憲法9条改憲を発議させない声を大きく広げましょう。そして衆参両院の9条改憲勢力を3分の2以下とするとりくみもそれぞれの立場ですすめましょう。

 2019年5月18日            「全国首長九条の会」結成準備会

◆行動計画
5月18日に開催した憲法9条を守り生かす全国首長交流集会は、安倍改憲をめぐる今日の緊迫した情勢のもとで、「全国首長九条の会」の結成を急ぐべきだとの認識で一致し、「全国首長九条の会」結成準備会に発展しました。交流集会に提案された行動計画案は、以下のように結成準備会としての行動計画とします。                全国首長九条の会結成準備会

1.安倍首相のすすめる憲法9条改憲を、発議させない。
2.衆参両院の9条改憲勢力を3分の2以下とする。
3.沖縄県民の民意を無視し辺野古新基地の工事をはじめ、憲法と地方自治を踏みにじる政府の行為に反対する。
4.安倍9条改憲NO!全国市民アクションの進める、3,000万署名運動を推進する。
5.野党共闘・市民共同を強化する。
6.呼びかけ人、賛同者、九条の会、市民団体などの協力のもと、賛同者を広げ、「全国首長九条の会」の結成をめざす。都道府県ごとにも「首長九条の会」の結成をすすめる。
7.憲法9条改憲や、地方自治に対する攻撃などについて、必要に応じて声明などを発表する。情勢に応じて、「憲法9条を守り生かす全国首長交流会」を開催する。
8.当面、事務局員は下記の5名に委嘱し、実務を担当し、結成総会などを準備する。


f0239450_08201804.jpg
f0239450_08203116.jpg










by kibouh1 | 2019-12-31 09:17 | Comments(0)