気ままなつぶやきです


by kibouh1

<   2017年 10月 ( 33 )   > この月の画像一覧

言霊の勝利は

f0239450_09274651.jpg

「言霊が勝敗を決めた総選挙」(20171028日西日本新聞)という川柳があった。

同じ新聞に次のような論評がありました。

2017衆院選 選択の時を終えて  世間学の視点から

言葉の軽さ。「集団転向」急速に進む政治の劣化

空気による世間の反転 すでに「戦時」にあるのか  佐藤直樹

600億円もの税金を投入し、いったいなんのための解散だったのか、最後までさっぱり分からない選挙であった。民進党の分裂による自民党の大勝、希望の党の失速、立憲民主党の大健闘、という今回の衆議院選挙。これをどう見たらよいのか。私は5年前に本紙(201 21222日付)で、民主党から自民党に政権交代した総選挙を論じた際、「言葉の軽さ」と「空気」という二つのキーワードを挙げた。今回の総選挙の感想もこれと変わりない。しかしそれにしても、この5年間で、日本の政治のあり方の劣化が急速に進んでいると感じる

「言葉の軽さ」という点では、各党の「政権公約」もひどいと思うが、政治家が語る 言葉が、ますます口からでまかせ・その場しのぎ・ご都合主義になっている。つまり政治家のいう事が、信じがたいほどコロコロ変わり、まったく信用できなくなっている。特に、公示前に小池百合子さんと前原誠司さんが合意して、まがりなりにもかつて政権を担当した民進党が一夜にして消滅し、希望の党に吸収合併されたのには驚いた。民進党は安保法制や改憲に反対した党のはずであるが、ここで起きたのはいわば公然たる「集団転向」である。それまでのかれらの理念政策は、いったいどこにいったのか。(略)

希望の党成立直後に「世間」の空気は圧倒的に小池さん支持に傾いていた。それ故、この空気を読んだ民進党の議員は、雪崩を打って「集団転向〕するしかなかったのだ。かくして選挙はますます、激変する「世間」の空気に左右されるようになった。希望の党支持の空気をひっくり返したのが、小池さん自身の安保法制や改憲に反対する者への「排除」発言である。オウンゴールともいうべきこの「上から目線」発言に、「世間」がドン引きして一夜にして空気が変わり、希望の党への期待が急速にしぼんだ。 実は、「世間」が「上から目線」を極端に嫌うのは、そこに才能や能力の差を認めない一種の「人間平等主義」があるからである。本来対等で 平等であるべき人間を、小池さんは権力でもつて「排除」しようとしたと、「世間」は見なしたのだ。 皮肉なことに、これは小池さんが自分の理念政策を貫こうとしたことで起きた。もし彼女が理念政策など度外視して、まるごと民進党を引き受 けるといっていたら、おそらく「世間」は圧倒的に支持したと思う。それが反転して、判官贔屓的心理も加わり、「世間」の支持は「排除」された側の立憲民主党に一気に流れることになったのである。昨今の北朝鮮のミサイル発射で、Jアラートの薄気味悪い「空襲警報」のサイレンを聞かされるたびに私が思うのは、この国はすでに〈戦時〉にあるのではないかということだ。改憲勢力の大連立がいよいよ現実味を帯びてきた。戦前の大政翼賛会体制を思い出すような選挙結果が示しているのはまさにこの〈戦時〉のということではないのか。」(同前)


[PR]
by kibouh1 | 2017-10-31 09:27 | 政治・行政 | Comments(0)

改正なのか

f0239450_11340529.jpg

「建物跡新たに2棟

九歴大宰府跡・蔵司地区で確認

九州歴史資料館(九歴、小郡市〉は25日、太宰府市の国特別史跡「大宰府跡」の蔵司地区で2棟の礎石建物跡が見つかったと発表した。用途はまだ不明だが九歴は6月に隣接地で高床式倉庫とみられる礎石建物跡2棟を確認したと発表しており、「一連の造営計画に基づく建物と考えられる」としている。発掘場所は蔵司(大宰府政庁跡西側の丘陵部)内の東側平たん地。その南半分の調査で東西3(柱間36M)、南北3(3メートル)の礎石建物と東西5間以上(柱間3M以上)、南北は不明の礎石建物計2棟の跡を確認した。2棟は東西に並ぶ配置で、いずれも礎石は抜き取られていた。出土瓦などから、近くで見つかった倉庫跡と同じ8世紀から10世紀の建物とみられる。九歴が注目するのは、今回の建物は6月に発表された倉庫2棟と柱の並びがそろい、L字状に配されている点。中央部の試掘では建物跡は見つかっておらず、九歴は「広場があった可能性がある」とする。また建物の1棟は先に見つかった倉庫と規模や構造が違うことから「低床倉庫または土間の建物の可能性がある」としている(以下略)」(20171026日西日本新聞)

次の指摘について判断できる知識がないですが、指摘の趣旨は分かります。

「憲法理念変更 改正と呼べず  86

今回の衆院選で自民、公明の与党が憲法改正の国会発議に必要な定数の3分の2を上回った。「憲法改正」とは現憲法の根本理念を踏まえつつ、 不十分と思われる条項に付加したり、現状に合わない条項を改変したりすることをいう。しかし、自民党の「憲法草案」は改正ではなく、新たな憲法の制定を目指していると思わざるを得ない。それは現憲法の根本理念の変更を含んでいるからである。 この点を各党はもっと明確にして、討論すべきである。「押し付け憲法論」はい今や、詳細な現憲法成立過程の研究でそうではないことが明確になっている。「押し付け憲法」「自主憲法制定」を主張する党は公党と名乗るのであれば、もっと勉強して、国民を納得させる論議を展開すべきであろう。党首討論を聴いていても、空疎な言葉だけで心に響くものが伝わってこない。誠に残念である。」(同前)


[PR]
by kibouh1 | 2017-10-30 07:33 | 憲法 | Comments(0)

鴻臚館・蔵司

f0239450_13524203.jpg

太宰府市の古代政庁跡の西側部分に「蔵司」地区があります。発掘調査が続いていますが新たに2棟の発掘がされたという。名前から税務署的な役割だろうと言われてきましたが、確定した見解はないと思います。鴻臚館も迎賓館という定説ですが、税関ではないかという。

「迎賓館より「税関」の印象

福岡市博物館

「よみがえれ鴻臚館」展

古代国家日本の興亡見渡す

100年前に所在地が特定され、本格的発掘調査から今年で30年になる鴻臆館(福岡市中央区)は古代日本の税関的な役割も担っていたのか。福岡市博物館の特別展「よみがえれ・鴻臆館|行き交う人々と唐物」はそんな印象を与えてくれる。「古代の迎賓館」とも言われてきた施設の本質を考えさせる企画だ。前身の筑紫館が史料に登場するのは688年。9世紀 に鴻臆館と名が改まり9世紀末に文献から姿を消す。性格 も公的使節向けから貿易商人 (海商)が使う場所ヘ変わったとされる。それを示すように、鴻臆館出土の輸入陶磁器は、時代を下るに従い商人の姿が背後に見えてくる。まとまって出土した低品質の青磁(910世紀)、や海商に関係する「綱」の文字が書かれた白磁(日世 ・紀)は、宋の海商が活動し鴻 櫨館に代わり交易の主舞台と なった「博多遺跡群」の遺物と似ており、鴻臆館を訪れた 人々の変化を雄弁に語る。博多遺跡群が展示を締めくくっているのも象徴的だ。 京都や大阪などの外交関連 施設も紹介しているが、輸入 陶磁器などの数は「鴻踊館が圧倒的に多い」'(同博物館学 芸課の森本幹彦さん)。その 事実は、鴻臆館が貿易の場でもあったことを示すように思える。鴻臆館は律令制が導入されるなど中央集権的国家の形成期に登場した外交が行われずとも、本展に並ぶ唐物が物語るように輸入品へのニ一ズは続く。貿易の管理を行う機関としての役割を果たしたであろう鴻臆館の終駕は、国家の統制力弱体化を意味するのか。本展からは古代国家・日本の興亡も見えてくる(古賀英毅)」(2017106日西日本新聞)


[PR]
by kibouh1 | 2017-10-29 08:52 | 歴史 | Comments(0)

カブ号の行方は

f0239450_15324652.jpg

コンビニの閉店が近所でここ3年の間に3か所だと記憶しています。こんな業界事情があるそうです。

「コンビニでもっとも成功しているセブンイレブンの場合、一日平均客数(一店舗あたり)1057(O一六年二月期)です。計算上、一世帯必ず一人が毎日セブンイレ ブンに来ていることになります。これ以上、同社が新規店舗を増やすと、隣接のコンビニ店の売り上げを減らすことになりかねません。勝ち組のセブンイレブンの一日平均客数は二OO八年度に1022人と1000人を超えましたが、その後は1000人台で横ば いです。北海道でコンビニを展開するセイコーマート(現・セコマ)の赤尾昭彦会長(当時)は、『日経ビジネス』(O一五年一O月二六日号)で北海道のコンビニ業界の現状について次のようにインタビューで述べています。「550万人ほどの人口に対して、業界全体で約3000店あります。一店当たり1800人程度の計算になります。新規出店すると、自社の既存店と顧客を食い合う段階まで来ました。これ以上は下手に店を出せない状況です」(『閉じてゆく帝国と逆説の21世紀経済』水野和夫)

次の動きはどう見たらいいのでしょうか。

「スーパーカブ、再び国内製造 ホンダ、熊本で5年ぶり20171019日西日本新聞

 ホンダは19日、二輪車「スーパーカブ」の製造を熊本製作所(熊本県大津町)で再開したと発表した。ホンダの二輪事業を代表する車種の生産が約5年ぶりに国内回帰した。主要製造業の国内生産拡大で、こうした流れが加速する可能性がある。カブシリーズの世界生産は同日、累計1億台を達成。八郷隆弘社長は記念式典で「世界中で愛され、時代の変化に対応してきた」と振り返った。」

1958年に誕生しているそうですので、高度成長を支えたバイクだったと思いますが、海外にも販路を拡大し、生産も海外に移した。今後どのように変化していくのか楽しみです。


[PR]
by kibouh1 | 2017-10-28 06:31 | 経済 | Comments(0)

保育所待ちの実態は

f0239450_14054301.jpg

「日産不正 きっかけは内部告発

資格を持たない従業員による新車の完成検査を、問題発覚後も4つの工場で続けていたことを19日夜、明らかにした日産自動車。 一夜明け、当該の工場に勤める従業員に話を聞いた。 神奈川・追浜工場の従業員は「非常に残念というか、何やってんだって感じ。(皆さん知っていた?)わたしは知らなかった」と話した。 国内向けの全ての出荷が停止され、都内の販売店は閑散としていた。(略)

そのきっかけが、数カ月前にあった「無資格者による検査が常態化している」という、日産社内からの内部告発だったことが、国交省関係者への取材でわかった。しかし、102日の会見で、西川社長は「内部告発があったかどうかですか? わたしは、少なくとも目にしていませんけど」と述べていた。(以下略)最終更新:10/21() 2:02 フジテレビ系(FNN) 」

内部告発があれば企業としては健全ではないのか。

保育所待ちの人たちの数がいつも疑問でした。統計の危うさ、それを信じ込ませる手口についても知っておきたい。

「保育所申し込み4割断念

利用待ち推計34万人

野村総研調査

今年4月時点で保育施設への入園希望が ありながら、結果として利用できなかった親のうち、4割が諦めて申請自体をしていなかったことが野村総合研究所の調査で20日までに分かった。保育施設に入るための保活をしていても、実際に申し込まなければ国が定義する待機児童には含まれない。 また、調査結果を基に全国で利用できなかった子どもを推計すると、34.6万人に上 った。厚生労働省が発表した4月時点の待機児童数は26000人。同社の担当者は「こうした潜在的なニーズにも目を向けた上で、受け皿整備をするべきだ」と指摘して いる。 (以下略)20171021日西日本新聞」


[PR]
by kibouh1 | 2017-10-27 06:04 | 社会保障 | Comments(0)

同情ではなく・・・

f0239450_13522475.jpg

相模原障害者殺傷事件は衝撃的なものだした。優生思想や大規模入所施設の是非などが論議されてきましたが、人権意識の低さが露呈したものでもあったように思います。

「日本国憲法と私 第13

地域での活動からつながる憲法と障害者権利条約

矢津健司 一般社団法人日本筋ジストロフィー協会副理事長

◆希望と安心の70

多くの犠牲の結果生まれた日本国憲法が公布されてからの70年を振り返ってみると、豊かではなかったけれど、希望をもって安心して暮らして来られました。健康のことはあまり気にしないで生活をしていますが、病気になった時には、健康で生活できるありがたさを感じます。平和で暮らしていけるありがたさは普段あまり感じられないかもしれませんが、とても身近で大事なものだと思 います。

◆東久留米市への移転

私の住む東久留米市は、東京の郊外にある人口 11万の水と緑の町です。私が48歳の時に、筋ジス の長男と次女を含めた子どもたち4人と地域医療に携わる妻と転勤先の岐阜から移り住みました。その市政が、憲法を根底に据えた、いのちと暮らしを守る市政であったことが、どんなに私たち家族にとってありがたかったことだったでしょう。障害児を抱える共働きの家族が、当時の市長に 支援をお願いしたところ、快く手助けしてくれることになり、発足したのが、現在の、親の就労保障を目指した放課後のデイサービス「かるがも」でした。はじめは補助金もなく全額保育費を自費で賄っていましたが、請願や陳情を粘り強く市に要請し、当時、都の独自の制度であった心身障害者()通所訓練等事業の助成を受けることができました。

◆地域活動

かるがもの活動を通じて「障害をもつ子どものグループ連絡会」へも参加しました。学習会や請願活動を通じて多くのことを学びました。放課後のデイサービスは全国的に広まり、多くの運動の結果、平成244月から児童福祉法の中に「放課後等デイサービス」として位置づけられました。そのような活動の中で、憲法はそうした身近な暮らしにこそ大切と、東久留米市の「九条の会」の活動とともに、ご町内"のエリアで「前沢・南町九条の会」にも取り組んでいます。ここはスープの冷めないくらいの距離の、身近な仲間や子供たちが集い、戦争体験者の話をみんなで聞いたり、都内 屈指の軍事工場のあった武蔵野市周辺の「戦争遺 跡」めぐりなどをしてきました。毎年の九条の会 の記念集会に企画参加したり、隔月で発行される「九条の樹」の配布を、地域の住民のみなさんと ともに行なっています。

◆地域運動と障害者権利条約

地域運動を進める中で、行政への要請を行う時に 壁になるのが「現在の法律や前例がない」という行政からの回答ですが、2014120日に日本が批准した障害者権利条約は、日本国憲法と法律の聞に位置し、締約国はこの条約を順守することになっています。これは、私たちにとても大きな力を与えてくれます。各条文は憲法と密接な関連があります。教育、福祉、人権、平等及び無差別、家庭及び家族の 尊重、労働及び雇用・・と全項目が関連しています。 特に第30条は「文化的な生活、レクリエーション、余暇及びスポーツへの参加」と締約国が行うべき内 容を具体的に示しています。現在制度がない青年・ 成人期の障害のある人の活動の場として、たいへん 期待をしております。障害者権利条約の理念は、障害者だけでなく、 すべての人に共通することだと思います。是非、 権利条約と共に、70年も改定されることのない世界最古の、世界に誇れる日本国憲法とともに権利条約をみんなで読んでみましょう! 障害のある人もない人も、共に平和で健康な生 活が送れる世の中の実現のために政治が憲法通り 行われているか、権利条約を参考にして検証してみませんか? 」(「すべての人の社会」2017.10 日本障害者協議会)


[PR]
by kibouh1 | 2017-10-26 06:50 | 障害者 | Comments(0)

介護する側も

f0239450_11055415.jpg

障害者施設でも年1回は旅行していましたので気持ちは分かります。

「(声)旅先で介護者もほっとしたい 68歳 20171022日朝日新聞

 小さなデイサービスのイベントで隣町に日帰り旅行をした。要介護者12人、職員8人の総勢20人。ホテルで豪華弁当に舌鼓を打ち、次はいよいよお楽しみの入浴。最初は嫌がった認知症の女性も、露天風呂に誘うと表情が和んだ。

 ホテル側からは他の方に迷惑がかからないようにとやんわり釘をさされていた。だが雨のウィークデーでもあり、ほぼ貸し切り状態だった。

 広々とした風呂場は緊張感が増す。自力で歩けない方を介助して一緒に湯船へ。洗い場に一カ所でも手すりがあればと思った。公衆浴場も似た状況だろう。

 職員もゆとりを持って一緒に入浴を楽しみたい。介護する側の負担が減れば、要介護者の利用も広がるだろう。そのための環境整備を心から願った。」

 しかしながら、利用者の方たちの安全確保が職員の役割ですので、同時にゆっくりするというのは無理かもしれません。別に職員の方の旅行ができるような余裕ができればと私は思ったものです


[PR]
by kibouh1 | 2017-10-25 05:04 | 介護 | Comments(0)

f0239450_15580033.jpg

「猫飼い主探し 行政は冷たい  27

あの九州北部の豪雨前日、職場で捨て猫を拾った。 雨風が心配で保護したのだ が、世間は冷たく、飼い主 探しは困難を極めた。動物病院はポスターを張らせてくれた。が、スーパ ーは大方断られ、市立図書館では「公的機関だから」 とけんもほろろ。市役所で ボランティアの紹介をと尋ねれば「連携はしていない。安易に拾うな。殺処分しかない」と怒られ、何か悪行を働いた気分。知人が調べてくれ、個人参加できる譲渡会があると知った。行ってみると同じ境遇の人がたくさんいた。口々に「もう二度と拾わない」と言う。行政は人間のためにあるのだろうが、人間の住む地域は人間だけのものではない。野良猫を放置すれば、さらに増える。譲渡会はペットの血が入った猫ばかり。飼った人に責任がある。でも、税金を使わずともできることはあるはずだ。「自己責任」と言うだけでは、無責任な場合だつて

あると訴えたい。」(2017918日西日本新聞)

作家の篠田節子氏の体験からです。こういうこともあるのだと思いました。

「ケアノート20171015日読売新聞

コラム[篠田節子さん]世話を拒む母と20年

認知症でも他人を頼れず

 小説家の篠田節子さん(61)は、約20年にわたって、近所に住む認知症の母(93)を支えています。「母は他人を一切受け入れず、介護サービスを利用できない。2人きりの閉じ込められた『母子カプセル』状態が続くのがつらい」と話します。(略)

 母が認知症と診断されたのは1998年頃です。ただ、その何年も前から、爆発的に怒り出したり、「誰かがうちを探っている」と妄想を口にしたりしていました。

 親類の葬式に普段着で行って「これでいいんだ」と主張するなど、常識外れの行動も目立ちました。認知症だろうとは思っていたのですが、受診を嫌がるので診断まで時間がかかりました。処方された薬も嫌がります。

 家族以外の人から世話を受けるのを拒みます。入院しても、看護師に「水を飲ませて」と頼むことすらできないので、私が病室に泊まり込まねばなりませんでした。ショートステイに預けた時は、一晩中「帰せ」と大騒ぎしたそうです。有料老人ホームなども探してますが、大金をはたいて入居させても戻ってきてしまうだろうと思うと、なかなか踏み切れません。

(以下略)」


[PR]
by kibouh1 | 2017-10-24 06:57 | 介護 | Comments(0)

教育界理解不能

f0239450_13383665.jpg

新聞の投稿欄からです。

「カエルの声で 原風景浮かぶ 78

近所の特別支援学校の夏フェスタにハーモニカ仲間と出演した。子どもたちに「かえるの合唱」を輪唱してもらった。大きな声で元 気よく歌ってくれた。先日の夕方、カエルの鳴き声が聞こえた。久しぶりに聞く、懐かしい声である。 数十年前、近くの里山がブルトーザーで開発され、大きな団地が出現した。今日では周囲の田んぼも畑もなくなり、カエルもメダカも姿を消した。代わりに、自動車の騒音とカラスの鳴き声が耳に付く。カエルの鳴き声は家の生垣からだった。木の葉の陰に小さなアマガエルがいた。そっと手のひらに載せまじまじと顔を見た。緑色のかわいい、愛矯ある顔だ。かつてはどこにでもいたが、今では懐かしい存在だ。幼いころの田園風景が浮んでくる。かえるのうたがきこえてくるよ・・・と

口ずさみながら、そっと元の葉に返した。」(2017816日西日本新聞)

いじめを直視しないのは理解できない。教師だけの責任ではないのに

「ふざけ合い?いじめ直視を  49

私はどんないじめを受けても自殺しなかった。それは「私が死んでも、あいつらは笑うだけ」と思ったから。「あいつら絶対、反省なんかするもんか」と思ったから。親は転校するかと言ったけど、私は「何で悪くもないのに転校しなきゃいけないの。出ていくのは向こう の方やないね!」と叫んだ。 私のプライドだった。 その結果、あろうことか、 学校はいじめた側ではなく、私を「問題児」扱いするようになった。担任は「けんか両成敗。握手しなさい」と言った。31でつかみ合いになっていたのに、両成敗?怒りを通り越してあきれた。こんな対応をする限り、いじめはなくならない。 「いじめじゃなくて、た だのふざけ合いじゃないの ?そうでしょ?そうだ よね」との無理強い。私は 忘れない。」(同前)


[PR]
by kibouh1 | 2017-10-23 05:37 | 教育 | Comments(0)

言葉が軽い

f0239450_14075359.jpg

こんな投書が掲載されてひと月足らずですが・・・。

「前原民進代表指導力に期待  86

民進党の新代表に前原誠司元外相が選出された。党の飛躍と政権担当能力の向上を待望する国民は多い。政治家が守るべき原則は、自分の信念はどんなことがあっても最後まで死守することである。選挙で民進党の政策を掲げて当選した人たちが、民進党が落ち目になるや、公約や信念をすっかり失念している。自分だけ生き残ることを考えて離党する人が相次いでいる。支持者は民進党候補だから、1票を行使した 側面は否めない。なのに、 自分の一存で離党するとは支持者への裏切りである。「支え合う」どころか、内輪もめばかりしている。 そんな民進党に国民は愛想を尽かしている。 前原代表は若手も含めて 自由闊達な議論を経て、飛 躍につなげてほしい。清潔、 清新なイメージの新代表には、強いリーダーショップを期待する。」(2017920日西日本新聞)

「地方創生」のあとにも「働き方改革」や「人づくり革命」など言葉が並びますが、以前のことは消えていきます。

「『地方創生』は どこに消えた 87

田舎を回ってみると、年ごとに人の住まない空き家が増え続けている。 地方が良くならねば、わが国の浮上もないと「地方創生」とやらを口酸っぱく言っていた安倍内閣。最近は何の音沙汰もない。形もない。このような地方の姿を見てどうするのか、政府に問うてみたい。大都市は足の踏み場もないほど活気づき、それに比べ地方は人が減り、寂れて いく一方である。若者は「地 方にいても生きられぬ」と 都会に職を見つけ、われも われもと出てゆく。残るのは先の短い高齢者ばかり。わが町も学校が閉校になった。その次は郵便局か農協支所かと、地方の不安は増すばかりである。今後、政府がお金を地方に投じても、そう簡単に活性化するとは思えない。このまま集落は自然に消えてゆくのかと思えば、何としても残念でならぬ。」(同前)


[PR]
by kibouh1 | 2017-10-22 07:07 | 政治・行政 | Comments(0)