気ままなつぶやきです


by kibouh1

<   2016年 12月 ( 33 )   > この月の画像一覧

f0239450_13572116.jpg

「『こだま』通じ八十路の友達 82

便りを書くのが何より楽しみな私です。友人、知人もあきれるくらい。あの人この人、元気かしらと思う とついペンを執ります。もしかして、迷惑がられているかもと考えますが、相手から「私は電話でごめんね」と。それでOK、声を聞かせてもらい、近況を知れば、安心するのです。 平城スミ子さま。「こだま」の文章にすっかり魅せられ「こだま」氏に手紙を橋渡ししてもらって感謝感激。彼女からは見事な季節の絵手紙、もう6枚届きま した。ファイルに収めて眺める幸せを頂いています。お互いに八十路を過ぎた今、体の機能も衰え、思い 通りにならないことを嘆いても仕方がない。生命ある限り、しっかり生き彼岸にたどり着きたいものです。新聞への投稿を「終活」の一つにと言われる彼女。お顔も声も知らない。ただ「新聞大好き」「こだま大好き」の八十路からの大切な友達を得て、生きる喜びか増えました。」(2016119日西日本新聞)

80歳の世界は想像できません。

沖縄という歴史をもっと学びたいと思いました。移民した経緯などはどういうことなのでしょうか。

「赤道を挟んだ二つの島

10月下旬、沖縄を訪れた。5年に1度、世界中から沖縄系移民村集まる「第6回世界のウチナーンチュ大会」が催され、ニューカレドニアからも約60人が来るからだった。2012年、わたしは ニューカレドニア北部州初の日本語教師として赴任したのだが、それを切望し、迎え入れてくれたのが沖縄系人会の人々。わたしの訪沖は当時会長だったイヴァン・オブリとその家族に再会するためだった。イヴァンの祖父喜吉さんは、ニッケル鉱山で働くために名護からニューカレドニアに渡った。やがて鉱山を下り、北部のコーヒー農園などで働いた。現地で妻子を得たが幸せな暮らしを第2次大戦が破壊する。

娘のカナさんが14歳のとき、喜吉さんは敵国人という理由だけで憲兵に逮捕、強制収容され財産没収となった。戦後は即刻日本に強制送還。それから二度と会えなかった。カナさんの父親を慕う気持ちは強く、支援を受け、2006年、ついに出身地を探し出した。わたしはオブリ家の人々6人と喜吉さんのお墓の前にいた。内地とは異質の破風屋根がある墓だ。'沖縄で は清明祭(シーミー)に親戚中が墓に集まって供養をするという。赤道を挟んだ二つの島は、親族の繋がりか強靭であるという点が瓜二つだった。沖縄に戻った喜吉さんのは寂しそうだつたと、晩年を知る親戚の方が語った。墓の前で父親に語りかけるカナさん、柱に凭れて泣く孫のオデイルさげの姿を見守りながら、償われない戦争の罪を憎んだ。(太宰ふうこ)」(同前)


[PR]
by kibouh1 | 2016-12-31 05:56 | 沖縄 | Comments(0)

何かが狂っている

f0239450_14383619.jpg

風物詩が騒音 に継承に知恵を  73

.師走の庶民の文化であり、交流の場でもある餅つきを断念する地域が多いと聞く。風邪やノロウイルスに敏感になる季節であり、集団食中毒を恐れる判断の記結果といえる。世話役の方々の苦労が垣間見える。

盆踊りやラジオ体操の騒音問題同様に大みそかの風物詩である除夜の鐘さえやり玉に挙がっている。伝統への一部の過剰ともいえる反応は残念だが、当事者にとって、その苦痛は他人には分からない面もある。社会の発展は、庶民の生活をも変える。既に鐘つきを昼間にする「除タの鐘」として対処するなど、話し合いで妥協している所も。文化を継承するには、住を民間で知恵を出し合うほかはない。」(20161227日西日本新聞)

なんと音に敏感な社会になったのでしょうか。保育園がうるさいから反対運動する。子どもの声が騒音になる。だが、沖縄の米軍の飛行に対しての声には無頓着でしかない。挙げ句は除夜の鐘にも・・・。1年に1時間程度のものに目くじらを立てるのに、カジノ法には甘い。そして、蔭では「福島県民はばかだ」などと子どもが言うとのではないか。大人が言わないことを言っているとは思えない。

「(声)「福島県民はばか」発言許せない 福島県 62歳 20161227

今回ばかりは黙っていられない。原発事故後、福島県から神奈川県内に避難した子どもに、「福島県民はばかだ」「福島県民は奴隷だ」と言った子どもがいるという。

子どものことだから仕方がないと言う人がいるかもしれない。しかし、私は許せない。子どもの言葉の背後に、大人の意識が見え隠れするからだ。

 世界にはいわれのない差別を受ける人が大勢いる。ある地域に生まれたというだけで差別を受けることもある。今回の言葉も福島県民全体への差別だ。

背景には世間の誤解があるようだ。福島県民は国や電力会社のような大きな力の言いなりになってきたと。

それは違う。福島県民は怒っている。そして、命を削るように原発事故の収束に日夜奮闘している人たちや、被災地を支援してくれる人たちに心から感謝している。

福島県民がばかだというなら、むしろ日本人全体こそが、ばかだ。自分たちの手で制御できない原発というものを利用してきたのだから。

福島県民は決して「ばか」ではない。そんな言葉は二度と見たくないし、聞きたくない。」

どこかおかしくなった国です。


[PR]
by kibouh1 | 2016-12-30 06:37 | 原発 | Comments(0)

差別の顕在化はなぜ

f0239450_08403988.jpg

「睡眠時間は年齢によって異なる。25歳7時間、45歳6・5時間、65歳6時間。あくまでも平均で、脳と体の健康を維持するにはもう少し必要だが、このくらいを目安に眠ってほしい。質も大事で、最も睡眠の質が高いのは午前4時まで。例えば、6時間寝る場合、最も理想的なのは午後10時~午前4時。同じ6時間でも午前4~10時では質が悪くなる。昔から言われている「早寝早起き」を実践することが大切だ。」(西日本新聞)との医師の指摘を紹介しています。

差別をなくそうという法制度が整備されても一部では顕在化しています。次のような一文がありました。

「論説委員の目  見つめ直す「差別と人権」

 シニア世代の多くの人に、鮮烈な記憶を残した在日コリアンがいる。

 金嬉老(キムヒロ)元受刑者(故人)である。日本語読みで「きん・きろう」といった方が通りがいい。1968年、ライフルを手に静岡県の旅館に人質を取って籠城した人物だ。

 要求は一つだった。街中で在日の人々に差別発言を放った警察官の謝罪である。

 彼の幼少時からの差別体験は現場からテレビ中継を通じて全国に伝えられた。言語道断の事件であることは前提に、在日コリアンの人権意識を覚醒させた出来事として歴史に刻まれている。

 在日運動家たちは、当時活発になっていた部落解放運動にも大きな影響を受けていた。在日コリアン人権協会の創設者は「私たちにはそれまで、差別と闘うという概念がなかった」と言う。被差別部落の人々は大正時代に始めた差別との闘いから、「人間の尊厳」を取り戻す運動を在日の人々に伝授していった。

 差別される側に共通するのは「初めはなぜ差別をされるのか分からなかった」という事実である。極貧生活で識字率が低い時代があった。歴史を学び、差別の不条理を知ったとき、初めて立ち上がることができる。私が知る障害者団体も彼らの運動に学び、「共に生きる社会」の実現を強く訴えた。

 運動はときに「激しく行き過ぎ」と社会の批判を浴びた。当事者は折に触れ反省した。金嬉老事件は論外としても、多少手荒な訴えをしなければ苦境は理解されなかった事情も見逃せない。運動は外国人登録証への指紋押なつ全廃や公共施設のバリアフリー化など大きな成果を上げた。

 にもかかわらず今年は新たにヘイトスピーチ(憎悪表現)対策法、部落差別解消推進法、障害者差別解消法が施行された。人権を守る社会は成熟してはいなかったのか

 「現代」を一皮めくればインターネット上などで差別言動がはびこっている。「差別と人権」にこだわってきた記者の一人として自戒した1年である。=2016/12/25 西日本新聞」

ネットという手段が普及したことは大きいでしょう。ですが、アメリカの黒人差別がなくならないように文化的に定着したものは根絶は難しいですが、社会的な背景もあるでしょう。世界で顕在化する難民排斥の動きはどうでしょうか。タメ息がでるような流れですね。


[PR]
by kibouh1 | 2016-12-29 08:39 | 支え合う社会に | Comments(0)

f0239450_17095057.jpg

「ニュース川柳

・原子炉の廃炉しぶしぶ文殊さま

・もうすでにカジノやってる市長殿

・宇宙への希望をのせてイプシロン

・鹿島イレブン侍サッカー存分に」(20161224日西日本新聞)

「カジノ」は福岡県飯塚市の市長と副市長が賭けマージャンを時間中にしていたという。

これも市民を無視した行動ですが、辞任しないそうです。

国会も負けていません。

「般若心経説きカジノ法成立  70

 超過勤務規制など優先すべき課題が多い中、カジノを中心とする統合型リゾ一ト施設(IR)整備推進法が紛糾の末、成立した。IRにはカジノのほか、大型ホテル、国際会議場、商業施設などが含まれる。与党公明党内の意見も割れているというのに、衆院の委員会審議はわずか5時間半だった。その短い審議時間の中で、自民党のある委員は質問時闘が余り、法案と無関係の般若心経を説き、講釈した。審議のいいかげんさに、心からあきれる。数のおごりである。ギャンブル依存症対策とかは全て政府に丸投げ。法案成立後1年をかけ、IR整備が法制化される。数年先の開業に向けて、もう誘致合戦が始まっている。訪日外国人倍増に向けての施策というが、外国人観光客は日本の自然、文化、歴史に触れるために、来日するのではないのか。ギャンブルが観光の誘い水になるとは到底思えぬ。観光客倍増ヘ優先すべきはテロを踏まえた治安、緊急時の複数言語での避難情報発信、増え続ける原発汚染水対策を含む環境保全である。目的のための手段を間違えてはならない。」(同前)

経済政策の行き詰まりだと私には見えます。何も効果が無く悪化しているのでは・・・。


[PR]
by kibouh1 | 2016-12-28 05:08 | 政治・行政 | Comments(0)

f0239450_15262247.jpg

図書館でみかけた古い雑誌にこんなコラムがありました。

「福祉そっちのけの「安倍マリオ」 北村 肇

十数年前のことだし、これまでもコラムで書いたり講演で話したりしたエピソード なのだが、最近、幾度となく頭に浮かぶので、もう一度活字にしてみたいと思った。首都圏の中学校に通うダウン症のAさん は音楽が大好き。教科書を読むことは難し い。運動はできない。言葉もしゃべれない。 でも、音楽の時間になると生き生きとして、両手でリズムをとりながら体を動かす。そんなAさんはクラスの人気者だった。

ある日、Aさんの母親が担任に呼ばれた。担任の口から出た言葉は、「合唱コンクールの日は自主的に休んでほしい」だった。この学校は例年、地域の合唱コンクールでいい成績をあげていた。もしAさんが参加すれば、賞をとれないと考えたのだろう。母親は悔しさや悲しみをこらえて了承した。

いろいろな人の協力で普通学級に通うことができるようになり、学校も受け入れてくれた。そうした経緯を考えたら要請を断る ことはできなかった。この事実を級友が知ることになる。子どもたちは職員室におしかけ、担任に迫った。「なぜAさんを外すのか」「一緒に歌いた い」。結局、担任が折れ、Aさんはコンク ールの舞台にみんなと立つことができた。 どんな人間も例外なく「そこに存在している」だけで社会に貢献している。この真

実を多くの子どもは肌で感じ取っている。(以下略)」(「週刊金曜日2016.9.9

北村氏は続けて、障害者支援施設「津久井やまゆり園」殺傷事件が発生したとき、政権側からの障害者の人権尊重の強力なメッセージがあって良かったはずなのにと指摘しています。一般にはあまり知られていませんが、4月に「障害者差別解消法」が施行されたという趣旨からしても、国民に向けたメッセージがあってしかるべきではないかと思う。


[PR]
by kibouh1 | 2016-12-27 05:24 | 障害者 | Comments(0)

「もんじゅ」もある

f0239450_11221210.jpg

「廃炉費22兆円 負担は国民に  85

 福島第1原発の廃炉関連費用が22兆円に達するとの経済産業省の試算が示された。この膨大な費用と、処理に必要とされる40年という歳月。とてつもない重い負担を国民に強いることとなった。原発による電力が安くつくというのは一体、どこから出てくるのか。不可解と言うほかはない。22兆円といっても、われわれにはぴんとこない。試しに、1人の人間が1日に100万円を消費するとしよう。1年で36500万円、10年で365千万円、100年で365億円。1兆円を使い尽くすのに実に2700年以上要することになる。今、次々に原発が再稼働され、40年以上の老朽原発の延長再稼働も認められている。この狭い日本で、いったん原発事故が起これば、他の事故とは質を異にするのは福島原発で証明済

みではないか。原発がこの美しい青い地球に、光明をもたらすとは到底思えない。」(20161221日西日本新聞)

政策の失敗を国民に押し付けるという。それが簡単に決められるのはどういうことすか。「もんじゅ」も廃炉するが所轄大臣の減給しかないという。


[PR]
by kibouh1 | 2016-12-26 06:20 | 原発 | Comments(0)

オスプレイは重大事故

f0239450_14581668.jpg

「被ばくでがん労災認定

甲状腺 福島事故で東電社員

厚生労働省は16日、東京電力福島第1原発事故で放射線に被ばくし、甲状腺がんを発症した40代の東電社 員の男性を労災と認定し た。甲状腺がんが被ばくに よる労災と認められたのは初めて。同省は今回の認定のために、甲状腺がんを認定するための目安を新たに策定したと発表した。関係者によると、男性は2012年まで20年間、放射線業務に従事。(以下略)」(20161217日西日本新聞)

こんな危ないものを使う理由はない。廃炉するのに国民に負担させるのも困るけど・・・。

オスプレイは給油事故なのでしょうか。

「オスプレイ事故最重大

米海軍安全センター評価

【ワシントン共同】米海軍安全センターは15日までに、沖縄県で起きた米軍新型輸送機オスプレイの不時着事故について、事故の深刻さを示す4分類のうち最も重大な「クラスA」に当たると公表した。クラスAの事故は、200万ドル(24千万円) 相当以上の被害や航空機損壊、死者が出るなどした場合に適用される。不時着事故では死者は出なかったものの、乗員5人のうち2人が負傷し、機体は大破した。米国防総省によると、オスプレイは1機約8千万ドルと見積もられている。

センターによると、今年10月以降の航空機に関し「クラスA」に分類された事故は8件あり、今月7日に米軍岩国基地(山口県岩国市)所属のFA18戦闘攻撃機が高知県沖で墜落した事故も含まれている。(以下略)」(同前)


[PR]
by kibouh1 | 2016-12-25 05:56 | 平和を | Comments(0)

核兵器禁止は

f0239450_10545958.jpg

「偕老同穴」を心掛け生きる  82

本社で金婚式を祝ってもらってはや10年、年をとっての1年は何と早いことでしよう。幸い2人とも、人さまの手を煩わさず、元気でプールに通い、楽しく過ごしています。

子ども2人も成人して、孫も6人います。思えば長崎県佐世保市で形だけの指揮を済ませ、離島の炭鉱に主人の工事仕事のため住みました。薄給にあえぎ、生活費が足りず、私は厚生年金を解約。主人の給料の前借りもしました。思えば、よく乗り切ったものです。長女が生まれ、乳母車も主人の手作りでゴトゴト押していました。2人とも戦争中や終戦後の苦労が身についていたので、くじけなかったのでしょう。

今それぞれの誕生日に、娘が帰ってきてくれます。友達から「あなたはいいね。 普通は親の世話をせんといかんのに」と言われるそうもです。これからも偕老同穴で、水泳やカラオケなど、残りの人生を満喫したいです。」(20161214日西日本新聞)

日本はどうなっているのでしょう。オスプレイはアメリカの言いなりです。何も言えない。

「核禁止条約対立鮮明

国連軍縮会議

被爆地・長崎で18年ぶりに開かれた国連軍縮会議は13 日、閉幕した。2日間にわたり世界各国の政府関係者や研究者が四つのテー マで核軍縮を議論したが、 来春にも交渉が始まる核兵器禁止条約が焦点の一つになった。核依存国は「核兵器は段階的に削減すべきだ」と条約制定に否定的な立場を崩さず、非核保有国からは非難の声が相次ぐなど、対立が浮き彫りになった。(略)

会議では、唯一の戦争被爆国である日本に「懸け橋」役となることを求める声が多かった。だが、閉会式後の記者会見で相川一俊外務省軍縮不拡散・科学部長は「核保有国の安全保障の見地を考えながら、一歩一歩進めていくべきだ」と核保有国の主張に追随する見解を示した。会議は国連と外務省が共催し、核保有国を含む約加カ国の局長級など約20人が

参加した。(布谷真基、鎌田真一郎)」(同前)


[PR]
by kibouh1 | 2016-12-24 10:59 | 平和を | Comments(0)

f0239450_14362273.jpg

西日本新聞の連載からです。

「宮

古里への誇り育む

住民が講師、体験学習も充実

少子高齢化、人口減という厳しい環境下で、 地域社会が活力を保ちながら次世代に引き継 がれていくために私たちは何をなすべきだろうか。学校に関わる動きは、重要な要素と、

なるだろう。児童・生徒数の減少を受けた学校存続への知恵、地元の魅力を子どもたちに

学んでもらう取り組みなどを通じて地域の 中での学校、教育の意味を考える。「学舎」 をキーワードに、各地の事例を3回にわたり報告する。1回目は地域の良さに気づき、学ぶ機会を提供する宮崎県五ヶ瀬町の取り組みを探る。(木下悟)

(略)

少人数を逆手に取り

五ヶ瀬町には小学校4校、中 学校1校があり、児童・生徒は 265人。小学校のうち3 は複式学級もある、小規模校だ。 だが町教育委員会は、小学校を 統廃合する道を選んでいない。 「少人数だから手厚い教育がで きる」と逆の発想をし、「五ヶ瀬で生まれ、育ち、生き、五ヶ瀬を創造するひとつくり」をテーマにした五ヶ瀬教育ビジョンを2007年に掲げた。校長や教頭に、臨時、非常勤講師も加えると、「教員1人当たりで6人の児童を見られる」と町教委指導主事の渡木秀明さん(45) 体育や音楽、総合的な学習の時間など、効果的な人数での学び合いが必要な授業は4校合同にして補う。町名から名付けた授業だ。授業のために各校の先生たちが月2回集まり、どんな授業を組み立てるか熱く討議する。

同ビジョンは、「地域があって、子どもがいて学校がある」と地域を中心に据えている。

元を知り、学び、貢献するプロ グラム「豊かな体験活動」が、 小中の9年間を通して組まれて いる。例えば小1では地元の自 然、季節を知るために梅干し、 干し柿を作る。校庭の渋柿の実 がまだ青い時期から観察し、秋に収穫すると、地域のお年寄りを講師に招いて一緒に皮をむいて干し柿にする。渋柿を食べて、みるのも忘れない。農作業をしたり、企業訪問をしたりと内容は年々と進化。小5では五ヶ瀬 の良さを調べる。そして小6 修学旅行で隣県の大学に出向 き、調査した内容を学生相手にPRする。6から中2にかけ ては、駒打ち作業から育てたシ イタケを加工する。中2の東京 への修学旅行で、ほかの特産品 と一緒に販売したり、郷土芸能 を披露したりする。生徒たちはあらかじめ調べていたアクセス方法で、先生の手を借りずに羽田空港から東京都板橋区の商店街を目指し、町の観光特使として活動するのだ。

五ヶ瀬中3年の菊池楓子さん(15)は「ここに住んで気持ちいいと思うようになりました。授

業がなければ五ヶ瀬の良さを探し、県外の人に伝えようとは思わなかったでしょう」と語る。(以下略)(2016129日西日本新聞)

この取り組みを支えているのが学校の事務スタッフだという。しかし、7割の子は中学を卒業すると町を出るそうです。ですが、地元に誇りをもった子どもたちがどのように関わってくれるかも楽しみだという。


[PR]
by kibouh1 | 2016-12-23 04:34 | 社会 | Comments(0)

まさかの政策が

f0239450_08380628.jpg

「2016年「すべての人の社会」12月号」(NPO日本障害者協議会)からです。

「■巻頭言 「明日」は「今日」の延長線とは限らない

NPO法人日本障害者協議会理事 太田 修平 

 先日電車で途中の駅から乗ってきた40歳くらいの女性が車両と車両の間に入り込み、閉め切って朝ごはんらしき野菜ジュースを片手にサンドウィッチを食べ始めた。"なんて危ないことをする人だろう"と、時たま彼女の方にちらっちらと視線を向けていた。そうしたら10分も経たないうちに私の方に来て「このウエストバッグ何が入っているの」と聞いてきた。警戒心を持ちながら「まあ色々なものです」と答えると「ぱんぱんね。これじゃ紙一枚も入りそうにないんじゃない」と言ってきた。確かにそうかもしれない。いつも連れ合いには言われていること。でも、見ず知らずの他人がいきなり言ってくるなんて大きなお世話だと感じていると、今度は「どこまで行くの」と聞いてきた。あー鬱陶しい、と思いながら車イスの人の印象を悪くしてはならないと、「四ツ谷まで‥」と答えた。するとその人は「四ツ谷なら私、前バイトしてたの、居酒屋さんで」と言ってきた。なんとか話を切り上げたいと思いながら「あ、そうですか・・・」と答えていると、そのうちその人が降りる駅に近づいてきた。

 するとかばんから犬の顔をモチーフにしたキーホルダーを私のウエストバッグに付けようとし始めた。「これあげるから」。しかしもう降りなければならない。すると近くにいた20代くらいのサラリーマン風の気の良さそうな男性に「私降りなければならないから、あんたこれ彼のバッグに付けといてあげて」と言って彼に渡し、彼は私のウエストバッグに苦笑いしながら付け始めた。とりあえず「どうもありがとうございます」と私は2人にお礼を言った。考えもしない展開となってしまった。

 さて、今日(1124日)東京に雪が降った。テレビ報道によれば、11月に雪が降ったのは54年ぶりとか言っている。2日前まで暖かかったのに、どうなっているんだろう、急すぎる。体が追い付いていけない。天気だけではない。一昨日は、東北地方でまたもや地震、津波警報が出され、津波も観測された。自動車で避難する人が多く各地で渋滞だったとか。東日本大震災の教訓がいまいち活かされていない。やはりいきなり来てしまったわけだが、過去に学んでいかなければならない。

 "まさか"と思っていたトランプ氏がアメリカの次期大統領に当選してしまった。これだけはあってはならないことで、多分大丈夫だろうと思っていたが、本当に"まさか"のことが起きてしまった。

 日々の暮らしのなかで、また社会状況、あるいは福祉政策についても、予期しない"まさか"は、いつかやってくる。私たちはその時の備えや心構えはできているのだろうか。

まさかの政策として記憶しているのは、障害者自立支援法の違憲訴訟は当時の民主党政権で和解され、国として謝った。しかし、その後の自公政権は、元の政策に戻り、若いで決められた協議も形ばかりのように私には見えます。その責任は政権側にあります。

 そんなことを思い出しました。


[PR]
by kibouh1 | 2016-12-22 06:36 | 障害者 | Comments(0)