気ままなつぶやきです


by kibouh1

<   2016年 11月 ( 33 )   > この月の画像一覧

暴言は日本にも

f0239450_10581008.jpg

「やっぱり新米光沢に歯応え   78

「何か分かる?」と朝の食卓で、妻が言う。今年の新米を炊いたという。以前は新米を炊くものなら、ほんわかと新米のいい匂いが台所に漂って、すぐそれと分かったものだ。わが家は今でも稲の刈り入れは掛け干しによる旧態依然の作業。それだけに、新米の味は格別だった。しかし、今朝のご飯の味は、いつもとあまり変わらない気がする。最近の電気釜はうまく炊き上がるよう、いろいろな工夫が凝らされている。そんな理由からか、はたまた自分の味覚感覚の衰退なのか。

夕食時にあらためでよく見た。確かに光沢がある。歯応えも味も昨日のご飯とは違っている。「やっぱり 新米だ」。妻と感謝しながら、夕餉の箸を取った。」(20161121日西日本新聞)

トランプ氏の発言もありますが、日本の政治家の暴言も少なくない。発言したあと撤回発言をするのが分からない。それも国会停滞を招いてなどであり、言ったことの撤回ではない。そんなことを桃紅を読みながら思いました。

「(声)若い世代 暴言はびこる社会なくしたい 18歳 20161125日朝日新聞

 米国の次期大統領がトランプ氏に決まった。選挙期間中、移民排斥や女性蔑視などの暴言を繰り返してきた。なぜ、社会的弱者を攻撃する人が、超大国の指導者になれるのだろう。

 政治家は国民の信頼があってこそ。なのになぜ、政治家が自ら信頼を失うような発言ができるのか、私には分からない。

 今はテレビやネットで情報を簡単に入手できる時代。こうした発言はすぐ拡散し、社会に様々な影響を及ぼす。トランプ氏はそれを期待し、あえて暴言を言ったのかもしれない。そんな情報操作もありうる時代に正しい選択をするには、情報を読み解き、活用する力「メディアリテラシー」を鍛えるしかない。

 その上で様々な立場の人への思いやりを持ち、暴言がはびこる社会をなくし、言葉で悲しい思いをする人を減らしたい。」


[PR]
by kibouh1 | 2016-11-30 06:56 | 政治・行政 | Comments(0)

PKO派遣差し止め提訴

f0239450_11444300.jpg

自衛隊のイベントがマスコミでよく紹介されます。以前はこんなことはなかった。国全体が自衛隊に親近感を持たせるような仕掛けがあるように感じますが・・・。

「PKO派遣差し止め提訴へ 自衛隊員の母、札幌地裁20161125 西日本新聞

南スーダン国連平和維持活動(PKO)への自衛隊の派遣は違憲として、北海道に住む女性が派遣差し止めを求めて札幌地裁に提訴することが25日、分かった。原告側弁護団が明らかにした。提訴は30日の予定。

 弁護団によると、原告は自衛隊員の息子がいる50代の女性。自衛隊の派遣で精神的苦痛を受けたとして慰謝料20万円も求める。

 安全保障関連法に基づき、武装集団に襲われた国連職員らを救出する「駆け付け警護」が可能になったことを踏まえ、原告側は「他国民の救出を目的とすることから、他国防衛で違憲だ。派遣により原告らの平和的生存権が侵害されている」などと主張する方針。」

勇気ある行動ですね。

次は、西日本新聞の金曜日に掲載される戦争体験特集からです。

「数知れない死 言い伝えよう 80歳

忘れがたい戦禍の思いを残して、今年も足早に去ろうとしている。私は8月だけで3本の映画を見た。米国映画「父親たちの星条旗」。硫黄島の激戦地での若い海兵隊員たち。本当

の勇気とは何かを問い掛ける感動の作品だった。邦画「母と葛せば」。長崎原爆υで死んだ息子の亡霊と母との切ないファンタジー。「日本のいちばん長い日」。戦用終結に向け、玉音放送を巡る攻防に固唾をのんだ。「こだま」の「戦争―次の世代への伝言」は、多く

が体験者の文章だけに心が痛んだが、欠かさず目を通した。終戦から71年。過ぎた昔の話ではない。今も世界中のあちこちで、戦いは続いている。戦争は正義でも勇気でもない。私たちは戦争を知らない若者たちに伝えなければωならない。戦争で散った、数知れない死があったから今日があるのだと。戦争を風化させてはならない。書き残そう。言い伝えよう。」(20161125日西日本新聞)


[PR]
by kibouh1 | 2016-11-29 06:43 | 平和を | Comments(0)

技術力の低下

f0239450_15234912.jpg

「美術館の改修意匠は保って  79

福岡市美術館が91日から2年半、休館する。大規模改修のためで、寂しいけれど仕方ない。開館以来37年、よく通ったものである。

国内外の美術からアマチュアの作品まで、多くの美術品に出合うことができた。ゆったりした広いロビ ー、緩い傾斜の階段を上がると、フロアにはソファ、テーブルが置いてあり、資料を読み、おしゃべりすることもできた。心地よい興奮に包まれた鑑賞の後は、併設のレストランヘ直行。ぜんざいかコ一ヒーをいただきながら、ガラス窓の向こうに広がる大濠公園の景色に目をやる。

7月のNHKラジオ深夜便。アートディレクターの結城昌子氏が「好きな美術館はどこですか」に「福岡市美術館よ」とおっしゃっていた。その理由は常設に良いのがそろっている。何よりもレストランからの眺望が素晴らしいとのこと。同感である。改修工事は今の意匠を少しでも継承して、その良さを保ってほしい。どうなるか、不安も残るが、リニェーアル後の美術館に大いに期待している。」(2016910日西日本新聞)

最近行ってなかったので再開したら行きたいが・・・。

JR九州は上場した後、事故が続いています。

「JR鹿児島線また架線切断 工事ミス、6万5000人影響

22日午前7時50分ごろ、JR鹿児島線陣原(北九州市八幡西区)-赤間(福岡県宗像市)間の下り線で、架線が切れて、停電が発生した。JR九州によると、鹿児島、筑豊両線の折尾駅付近の高架化に伴う工事ミスが原因。この影響で、小倉-福間間の下り線が約5時間にわたり運転を見合わせたほか、鹿児島や長崎両線などで運休や大幅な遅れが発生し、約6万5千人に影響が出た。両線では11日、約17万人に影響した架線損傷事故が起きたばかりで、九州運輸局は22日、JR九州に口頭注意した。(以下略)=2016/11/23 西日本新聞朝刊=」

それも人為的なミスが多いという。識者は、外注が増え、本体の技術力が低下しているのではと指摘する。似たようなケースが建設現場にもあります。例えば、公共事業などでは官公庁などは、高度成長期の中盤頃までは、設計図がつくり、積算し、発注。現場監督も官公庁の職員でした。その後、設計は設計事務所への外注になり、それが続くと自分で設計したことがないので、設計の何をチェックするかと言う力が低下していきます。現場も、

設計事務所などへの外注になり、現場の何を確認していかないといけないのかが分からなくなり、見落としていくことが増えます。外注で安くなることはいいことかもしれませんが、国全体がこの方向なので、技術力の低下はかなり深刻だと思われます。


[PR]
by kibouh1 | 2016-11-28 08:22 | 経済 | Comments(0)

校閲ガール

f0239450_11373605.jpg

「ふっこう割の 在り方再考を  67

熊本地震から7カ月が過ぎた。政府は被災地の九州観光を後押しするため、旅行代金を割り引く「九州ふっこう割」を実施している。おかげで宿泊施設は、客足が回復してきたという。でも、それは被害の程度が軽微な施設が恩恵を受けているのです。被害が大きかった施設には、その恩恵は及んでいない。資金繰りが思うようにならず、立ち直りに相当な日数がかかっているからです。公平であるには、復興支援を続ける必要があります。行政が工夫して、既に恩恵を受けた施設は除外するよう万全を期すべきです。

立ち直りに相当な日数がかかり、再開を断念したという記事もありました。そこで予算の使い方ですが、全予算を半分ほど残し、2年後に復興した施設も、この恩恵を受けることができるようにすべきです。年末で終了したのでは、復興途中の人がかわいそうです。税金投入は公平でなければなりません。」(20161121日西日本新聞)

貴重な意見のように思いますが・・・。

気をつけているつもりでも誤字・脱字は避けられませんね。できるだけ多くの人が見て校閲したが良いのですが。ですが、地味な仕事が話題になるのはとても素晴らしいことだと思います。

「校閲ガールだった  松村由利子

宮木あや子の小説『校閲ガール』が10月からテレビドラマ化され、「校閲」という言葉が広く知られるようになったのがうれしい。校閲とは文書や原稿などを読み、字句の正誤や事実関係についてチェックする仕事である。実は私もその昔、「校関ガール」だった。小説の主人公、河野悦子はファッション誌の編集がしだくて出版社に入り、不本意ながら校閲部に配属になったのだが、私は自分から校閲の仕事がしたくて朝日新聞に専門記者として入った。配属されたのは北九州市にある西部本社だった。「校閲ガール」の悦子は文芸書(後に雑誌)の校閲を担当しているので、 割に時間的な余裕があるが、新聞校閲は毎日が時間との闘いである。朝刊、夕刊どちらも複数の版があり、一面や社会面などのニュース面は、次々に入ってくる新しい情報を記事に反映させ、古い情報を削ってゆく。時間のないとき、あるいは統計表のようなものをチェックするときは、「読み合わせ」といって、2人で組み、片方が元原稿を音読し、もう片方が活字 になった紙面をチェックする。 音読するときは、同音異義語などを見落とさないように、素早く字の説明をしながら読まなければならない。例えば「山本富士子」であれば、いったん「やまもとふじこ」と読んだ後に続けて、「さんぼんヤマモト、富士山のフジ、子どものコ!」と説明する。「山元」や「藤子」と間違えないためである。フリーライターとなった今、領収書を書いてもらうことが欠かせなくなった。あて名を聞かれて「松村です」と名乗ると、「どんな字でしょう?」と重ねて尋ねられることがある。勇んで「松竹梅のマツ!町や村のムラです!」と答えてしまうとき、「校閲ガール」だった過去がまざまざとよみがえる。(歌人。挿絵は網中いづるさん)」(同前)


[PR]
by kibouh1 | 2016-11-27 05:36 | マスコミ | Comments(0)

無責任な国

f0239450_14363811.jpg

「ビール税  一本化 26年度に55円程度  毎日新聞20161121

政府・与党は、三つに分かれているビール類の酒税について、2020年度から3段階で見直し、26年10月に一本化する方向で調整に入った。ビールは減税となる一方、発泡酒や第3のビールは増税となる。12月にまとめる17年度税制改正大綱に具体的な税額などを盛り込み、必要な法改正などに着手する方針だ。(以下略)」

TBSの「あさチャン」のコメンテーターは、アナウンサーの庶民いじめみたいな発言を遮り、選んで飲めばいいという意味の発言でその話を遮った。選んで飲める人はいいが。そんな環境で生きてきた性根が丸見えだった。

EUから離脱することにしたイギリス。そして、3分の2の議席を無関心のうちに決めた日本。こんな無責任な国なのです。

「(声)米大統領選、一票の重み知ろう 73歳 20161121日朝日新聞

 米大統領選でトランプ氏が当選した理由について、孫娘から若者の政治離れも一因らしいと聞いた。孫娘が通う大学で憲法学の教授が「サンダース氏支持だった若者の一部が棄権した結果とも考えられる」と述べたのだという。

 欧州連合(EU)離脱を問う英国での国民投票の際も、軽い気持ちで離脱に票を投じた有権者が、離脱決定後に「こんなはずではなかった」と嘆いたと伝える記事を読んだことがある。

 「自分の一票くらいで社会は変わらないと思っていては、大変なことになるだろう」。教授が孫娘たちに語ったこの言葉を、多くの若者に届けねばならないと思った。

 孫娘は、九州から上京し、我が家から大学に通っている。今夏の参院選の後に「上京している同郷の友人のほとんどが、投票に行かなかったようだ」と話した。

 日本も、米国などのように、自国中心主義の政権が誕生しないとも限らない。将来を担う若い世代こそ、一票の大切さをよく理解してほしい。日本のあり方を決めるのは主権者なのだから。」


[PR]
by kibouh1 | 2016-11-26 05:35 | 支え合う社会に | Comments(0)

年寄りの日々

f0239450_17440552.jpg

高齢者の交通事故が問題になっています。高齢者といっても個別の違いがあります。それと、アクセルとブレーキの踏みちがえ防止装置もあるという。なぜ、標準装置にしないのだろう。

「有り余る時間 英語に挑むが  80

「定年って生前葬だな」との衝撃的な書き出しで始まる内館牧子氏の小説「終わった人」。「俺の何年にもわたるサラリーマン生活が終わる。63歳。定年だ。『終わった人』なのだ」と続く。 明日からどうする。何をして一日をつぶす、いや過ごすのだろう。サラリーマ ンなら経験済みのせりふである。前期高齢者なら、まだ肉体も精神も健全。まず仕事を探し、頑張れる。後期高齢者になると仕事も卒業し、友達も少なくなり、寂しい思いをします。私は趣味も楽しむが、毎日の有り余る時間の中、新聞を丁寧に読みます。偶然、ある紙面に興味を抱きました。毎週火曜日に掲載される「今週の英語News」です。辞典を引きながらノートにとって、音読します。昨年、中3だった孫娘の成績がクラスでトップになったと聞いたので「Thaths cool(格好いい)と言ったら「そんな英語知らない。じいちゃん、少しぼけてる」と笑われました。」(2016117日西日本新聞)

バスに乗る人も少ない。さらに、本数が減るのではないかと思う。なんとかしないと・・。

年寄りの楽しみのひとつが大相撲九州場所も終盤。近くに相撲部屋が宿泊することになり場所前には稽古を見物できました。そこには年寄りが多かった。

「宙舞う座布団マナー守って  72

大相撲秋場所をテレビ観戦しながら、思うことがあった。日本人力士の活躍で、 少しずつ観客が戻り、満員御礼が続くようになってきた。うれしいことだ。その一方で、考え直してほしいことがある。観客のマナーである。座布団が宙を舞う。観戦の疲れを癒や癒

すはずの座布団が、凶器と化す一瞬である。けがをしても誰が投げたか、分からないであろう。座布団が舞うと、観客の中には前かがみになったり、両手を頭の後ろで組んだりして防御姿勢を取っている人々が見える。一時、座布団が投げられないよう工夫されたこともあったが、最近はそれもない。特に女性や子どもを直撃したら、危険極まりない。秋場所では、14日目と千秋楽の2日間、観客が声援、と拍手に徹し、本来の応援、風景が見られた。13日から始まる納めの九州場所。みんなが楽しめる安全安心なものにしよう。」(2016117日西日本新聞)


[PR]
by kibouh1 | 2016-11-25 06:42 | 高齢者 | Comments(0)

年寄りの日々

f0239450_17440552.jpg

高齢者の交通事故が問題になっています。高齢者といっても個別の違いがあります。それと、アクセルとブレーキの踏みちがえ防止装置もあるという。なぜ、標準装置にしないのだろう。

「有り余る時間 英語に挑むが  80

「定年って生前葬だな」との衝撃的な書き出しで始まる内館牧子氏の小説「終わった人」。「俺の何年にもわたるサラリーマン生活が終わる。63歳。定年だ。『終わった人』なのだ」と続く。 明日からどうする。何をして一日をつぶす、いや過ごすのだろう。サラリーマ ンなら経験済みのせりふである。前期高齢者なら、まだ肉体も精神も健全。まず仕事を探し、頑張れる。後期高齢者になると仕事も卒業し、友達も少なくなり、寂しい思いをします。私は趣味も楽しむが、毎日の有り余る時間の中、新聞を丁寧に読みます。偶然、ある紙面に興味を抱きました。毎週火曜日に掲載される「今週の英語News」です。辞典を引きながらノートにとって、音読します。昨年、中3だった孫娘の成績がクラスでトップになったと聞いたので「Thaths cool(格好いい)と言ったら「そんな英語知らない。じいちゃん、少しぼけてる」と笑われました。」(2016117日西日本新聞)

バスに乗る人も少ない。さらに、本数が減るのではないかと思う。なんとかしないと・・。

年寄りの楽しみのひとつが大相撲九州場所も終盤。近くに相撲部屋が宿泊することになり場所前には稽古を見物できました。そこには年寄りが多かった。

「宙舞う座布団マナー守って  72

大相撲秋場所をテレビ観戦しながら、思うことがあった。日本人力士の活躍で、 少しずつ観客が戻り、満員御礼が続くようになってきた。うれしいことだ。その一方で、考え直してほしいことがある。観客のマナーである。座布団が宙を舞う。観戦の疲れを癒や癒

すはずの座布団が、凶器と化す一瞬である。けがをしても誰が投げたか、分からないであろう。座布団が舞うと、観客の中には前かがみになったり、両手を頭の後ろで組んだりして防御姿勢を取っている人々が見える。一時、座布団が投げられないよう工夫されたこともあったが、最近はそれもない。特に女性や子どもを直撃したら、危険極まりない。秋場所では、14日目と千秋楽の2日間、観客が声援、と拍手に徹し、本来の応援、風景が見られた。13日から始まる納めの九州場所。みんなが楽しめる安全安心なものにしよう。」(2016117日西日本新聞)


[PR]
by kibouh1 | 2016-11-25 06:42 | 高齢者 | Comments(0)

日ハムの健闘が光る

f0239450_12090868.jpg

「出版記念会が一転偲ぶ会に 75

ボブ・デイランがノーベル文学賞受賞後、何の反応もないと話題になった。代表曲「風に吹かれて」は♪あとどのくらい道を歩けば、一人前の人間と認められるだろうか・・・で始まる。実は病院長の高校同期生が食道がん。その病床雑記が「風に吹かれ」です。出版記念パーティーをすると、級友が頑張っていました。このじーさまにも手伝ってくれと。私は賀状にへそ曲がりな字を毛筆で書いている。その特徴ある字で書いてほしいとのこと。

一人一人丁寧に案内状の名前を書かせてもらいました。が、何という神のいたずら、この本を手にすることなく、彼は鬼籍の人となりました。祝う会が一転してあるじのいない偲ぶ会となってしまいました。28年前のことです。友と2人で彼を見舞い、自宅に帰ると彼からファクス。「君が『こだま』に載るとは・・・。じーさまの「エンディングBOX」に静かに眠っています。」(20161115日西日本新聞)

こんなことが増えますね。喪中の挨拶が増え、年賀症の自然減も。

日ハムの優勝パレードがあったそうで、たいへんな人出でした。

凄い闘い方でした。

「日ハムの執念上回っていた 62

今年のプロ野球パ・リーグ。こんな大逆転劇はもう、二度とないでしょう。ホークスの戦いぶりを見ていると、こういう結果に終わったのも納得できます。例えば、ボクシングで言うなら、リング中央で足を止め、ノーガードで打ち合うのは得意だけど、細かいジャブを放ちながらポイントを稼いで判定で勝つ、そんな試合運びがなかったような気がします。

確かに「KO勝ち」の方が観客は喜びますが、チーム状態がいつも万全なわけではありません。日本ハムの追い上げも、大谷選手の二刀流もすごかった。でも、監督の采配と選手の勝利ヘの執念で、日ハムは明らかに上回っていました。ホークスは肝に銘じ、来季に臨んでほしい。」(同前)

ホークスの負けを素直に認めたい。


[PR]
by kibouh1 | 2016-11-24 07:06 | 社会 | Comments(0)

日ハムの健闘が光る

f0239450_12090868.jpg

「出版記念会が一転偲ぶ会に 75

ボブ・デイランがノーベル文学賞受賞後、何の反応もないと話題になった。代表曲「風に吹かれて」は♪あとどのくらい道を歩けば、一人前の人間と認められるだろうか・・・で始まる。実は病院長の高校同期生が食道がん。その病床雑記が「風に吹かれ」です。出版記念パーティーをすると、級友が頑張っていました。このじーさまにも手伝ってくれと。私は賀状にへそ曲がりな字を毛筆で書いている。その特徴ある字で書いてほしいとのこと。

一人一人丁寧に案内状の名前を書かせてもらいました。が、何という神のいたずら、この本を手にすることなく、彼は鬼籍の人となりました。祝う会が一転してあるじのいない偲ぶ会となってしまいました。28年前のことです。友と2人で彼を見舞い、自宅に帰ると彼からファクス。「君が『こだま』に載るとは・・・。じーさまの「エンディングBOX」に静かに眠っています。」(20161115日西日本新聞)

こんなことが増えますね。喪中の挨拶が増え、年賀症の自然減も。

日ハムの優勝パレードがあったそうで、たいへんな人出でした。

凄い闘い方でした。

「日ハムの執念上回っていた 62

今年のプロ野球パ・リーグ。こんな大逆転劇はもう、二度とないでしょう。ホークスの戦いぶりを見ていると、こういう結果に終わったのも納得できます。例えば、ボクシングで言うなら、リング中央で足を止め、ノーガードで打ち合うのは得意だけど、細かいジャブを放ちながらポイントを稼いで判定で勝つ、そんな試合運びがなかったような気がします。

確かに「KO勝ち」の方が観客は喜びますが、チーム状態がいつも万全なわけではありません。日本ハムの追い上げも、大谷選手の二刀流もすごかった。でも、監督の采配と選手の勝利ヘの執念で、日ハムは明らかに上回っていました。ホークスは肝に銘じ、来季に臨んでほしい。」(同前)

ホークスの負けを素直に認めたい。


[PR]
by kibouh1 | 2016-11-24 07:06 | 社会 | Comments(0)

f0239450_13544309.jpg

「はね上げ式の眼鏡を買いました・老眼対策で眼鏡を新調」とトコさん(コラムニスト)が書いていました。私は基本は老眼と乱視のメガネ。ピントが合わないと調節型のメガネ。新聞の横ルビの小ささにはお手上げで、メガネ型のルーペと使います。年とれば不便さは増します。

死者がでなかったことは喜ばしい。その経験も残してもらいたい。

「現場判断的確死傷者出さず 76

118日、福岡市の真ん中、JR博多駅前で大規模な道路陥没事故が発生した。事故の原因解明と市交通局、工事企業への責任追及が行われている。それはそれとして大事なことであるが、私は最悪の事態をいち早く察知し、作業員全員を避難させ、道路を交通遮断した現場の判断をたたえたい。遮断直後に崩落が起こったという。おかげで、直接的な死傷者は出なかった。世の中、責任を問うことは多い。一方、適切な判断した人を褒めることは少ない。連合艦隊司令長官だった山本五十六は「やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、褒めてやらねば、人は動かじ」と語録に残している。人や官庁、企業も褒められれば、また良いことをしようと行動する。マスコミも今回の迅速なリスク回避行動をきっちり検証してほしい。」(20161117日西日本新聞)

ある新聞が営業停止などの「補償を求めない。その分を福岡市は有意義に使ってほしい」という趣旨の人の記事を載せているという。それもひとつの見識ですが、補償を求める人への圧力にならなければいいが。


[PR]
by kibouh1 | 2016-11-23 05:53 | 働く | Comments(0)