気ままなつぶやきです


by kibouh1

<   2016年 06月 ( 31 )   > この月の画像一覧

食物アレルギーの被災者

f0239450_14283739.jpg

「笑いを誘った ホーホケキヨ  77

今年は思いがけず、ウグイスが長い間、庭にやって来て、得意気に「ホーホケキヨ」と鳴いてくれました。わが人生で、こんなにウグイスの鳴き声を堪能したことはありません。私は一度、その姿をこの目で見たいと望んでいました。結婚して52年。従順だったかみさんは、今は私同様に頑固。口げんかが絶えない日々となりにけりです。 朝食の後、2人居間でテレビを見ていたとき、ウグイスが鳴き始めました。かみさんは私の前方で化粧中。私はそのさえずりに「あなたの顔が見てみたい」と口ずさみました。すると、かみさんが即座に振り返って「何ね、私の顔ば今更見たいって?」とすっとんきょうな顔を見せたのです。「ウグイスの顔 ば見たいと言うたとたい」 と伝えると「なーんね」と噴き出したのです。私もつられて笑いました。久々にわが家に笑いが漂いました。来年も「ホーホケキヨ」が聞けますように。」(2016623日西日本新聞)

熊本は鳥の声を聞ける余裕もないのかもしれません。仮設住宅の辞退者が多いという。交通機関がないなどの理由だという。今から整備するというのですが。食物アレルギーの人の大変さも初めて知りました。

「対応食自ら備蓄を あの日から熊本発 食物アレルギー

医師 緒方美佳さん

熊本地震が発生して数日後のことでした。勤務する 熊本医療センター(熊本市) に、牛乳アレルギーの幼児 がアナフィラキシー(急性 アレルギー反応)で呼吸困 難となり搬送されました。 お茶と水に飽きて、乳飲料 を飲んでしまったのです。牛乳や卵、小麦などが原因で皮膚や呼吸器にさまざまな症状を引き起こしてしまう食物アレルギーの子どもたちは、限られた食べ物しか口にできないという点で災害弱者といえます。

避難所の暮らしは大変です。配給のパンは小麦やつなぎの牛乳入り。炊き出しのおにぎりも、牛乳やパンを触った人が握ったかもしれず、こうした微量混入にも気を使います。症状のひどい患者の家族の中には、県外の親戚宅などに一時避難した例もあります。自治体の担当者に食物アレルギー患者向けの食事対応が必要なことを伝えました。ところが負傷者や透析患者らの対処が優先され、どうしても後回しになってしまう。原因のアレルゲン

となる食べ物を口にすると死に至る恐れもありますが、緊急時に行政が全てに対応するのは難しい。公助の限界も実感しました。

こうした子どもたちの食事は、発生後の1週間をどう乗り切るかが課題です。地震後すぐに、私も専門医を務める日本アレルギー学会の協力で対応食を送ってもらいました。対象者の把握が難しい中、医療センターに届いた分は県やメデアを通じて呼び掛け、必要な人が取りに来て、自ら表示を確認して持っていってもらう方式にしました。行政では仕分け担当者が不足し、集まった対応食がばらばらになるなど混乱もあったと聞いています。その後、避難所では、患者の把握や対応食の配布を日本栄養士会と連携して実施、効果があったそうです。食物アレルギーの人は日頃から対応食を備蓄しておくことが必要です。自分が何を食べられないのか、微量混入なら問題ないのかなど、把握しておくことも大切。そのためには食物負荷試験という実際に食べる検査も必要です。ただ、専門医が少なく、十分な診療を提供できない地域もあります。そうした医療環境の改善も急務です。(聞き手・藤崎真二)(同前)


[PR]
by kibouh1 | 2016-06-30 05:26 | 震災 | Comments(0)

f0239450_16550021.jpg

「高校生平和大使が広島で結団式 核なき世界に向け決意」と報道されました。オバマ氏の広島訪問に期待する声も多いですが、具体的な成果が出るとは思えません。残りの任期に核兵器の削減をしたとしても、歴代大統領の中で最低の削減率では焼け石に水でしかないと思う。それだからこそ、平和大使に期待し、支援できればと思う。そして、原発の使用済み核燃料の処分広告が復活しました。有名タレントが原発も電力資源ですという広告をしています。

オバマ氏の後継が誰になるのか。アメリカだよりなのか。

「デスク日記

 紀元前10世紀ごろ、神に選ばれてイスラエル最初の王となったサウルは、アマレク人との戦いで神の信頼を裏切る。神は預言者を通して「アマレクに属するものは(人も動物も)一切滅ぼし尽くせ」と命じたが、サウルは肥えた牛や羊まで殺すのが惜しくなり、自らの戦利品とした。

 この件を預言者に糾弾されたサウルは「兵士がやった」「神への供え物にしようとした」と苦しい言い訳に終始。神は預言者に「私はサウルを王に立てたことを悔やむ」と語り、ついに王をその座から退けたと旧約聖書は伝える。

 神でさえ後悔する指導者選び。辞職が決まった舛添要一東京都知事に1票を投じた都民の心中はいかばかりか。

 ちなみに神がサウルの後継に選んだダビデ王も大きな罪を犯したが、心から悔い改めて神に許された。サウルと舛添氏に欠けていたのは、自らを選んだ主権者と向き合い、身の不徳を恥じる誠実な姿勢ではなかったか。(生野秀樹)=2016/06/20 西日本新聞朝刊=」

アメリカの後継者選びも注目したい。


[PR]
by kibouh1 | 2016-06-29 05:53 | 平和を | Comments(0)

総活躍社会の実態は

f0239450_14073965.jpg

消費税は社会保障に使われたのでしょうか。消費税は論議されるが、富裕層や大企業の適正負担の税率や、税の使い方が話題にならない。

「福祉用具 利用制限しても、保険給付額は増に 協会試算 毎日新聞2016528日 

 日本福祉用具供給協会(小野木孝二理事長)は27日、要支援1から要介護2までの軽度要介護者の福祉用具利用が制限された場合、ヘルパーへの切り替えが増え、介護保険給付額が現在より年間約1370億円、介護人材の需要が10万人以上増えるとの試算結果を発表した。

国は昨年6月に閣議決定した経済財政運営の指針「骨太の方針」で、軽度者への福祉用具貸与を見直すとした。財務省は軽度者については原則自己負担(一部補助)とし、保険給付割合を大幅に引き下げる方向を示しており、今年中に決まる。福祉用具を利用する軽度者は約110万人。

同協会は、介護ベッド、車いす、歩行器など主要5種類の福祉用具を利用する478人の軽度要介護者を対象に昨年12月に調査を実施。福祉用具が使えない場合、ヘルパーに依頼するとした人が約2割いた。この調査結果を基に、掃除、調理など複数のサービスを最低限の時間で受けると想定して試算した。

記者会見した同協会の小野木理事長は「福祉用具が利用制限されると、家族介護に移行する人も多くなるとみられ、家族の負担が増すほか、転倒や骨折が増加する可能性がある。政府は考えを修正してほしい」と述べた。【有田浩子】


[PR]
by kibouh1 | 2016-06-28 05:05 | 支え合う社会に | Comments(0)

総活躍社会の実態は

f0239450_14073965.jpg

消費税は社会保障に使われたのでしょうか。消費税は論議されるが、富裕層や大企業の適正負担の税率や、税の使い方が話題にならない。

「福祉用具 利用制限しても、保険給付額は増に 協会試算 毎日新聞2016528日 

 日本福祉用具供給協会(小野木孝二理事長)は27日、要支援1から要介護2までの軽度要介護者の福祉用具利用が制限された場合、ヘルパーへの切り替えが増え、介護保険給付額が現在より年間約1370億円、介護人材の需要が10万人以上増えるとの試算結果を発表した。

国は昨年6月に閣議決定した経済財政運営の指針「骨太の方針」で、軽度者への福祉用具貸与を見直すとした。財務省は軽度者については原則自己負担(一部補助)とし、保険給付割合を大幅に引き下げる方向を示しており、今年中に決まる。福祉用具を利用する軽度者は約110万人。

同協会は、介護ベッド、車いす、歩行器など主要5種類の福祉用具を利用する478人の軽度要介護者を対象に昨年12月に調査を実施。福祉用具が使えない場合、ヘルパーに依頼するとした人が約2割いた。この調査結果を基に、掃除、調理など複数のサービスを最低限の時間で受けると想定して試算した。

記者会見した同協会の小野木理事長は「福祉用具が利用制限されると、家族介護に移行する人も多くなるとみられ、家族の負担が増すほか、転倒や骨折が増加する可能性がある。政府は考えを修正してほしい」と述べた。【有田浩子】


[PR]
by kibouh1 | 2016-06-28 05:05 | 支え合う社会に | Comments(0)

「戦争ない社会を」

f0239450_14300729.jpg

「ニュース川柳

・イチローは片仮名似合う時の人

・地位名誉金は世につれ人につれ

・悲惨すぎそれでもやらぬか銃規制

・まだいける未知の記録ヘイチローさん」(2016621日西日本新聞)

イチローという人の素晴らしさをまだ分かっていないのかもしれません。

平和のありがたさも、生まれてこの方平和でしたので実感していないのかもしれません。

「福岡大空襲経験者 平和の尊さ伝える 飯倉小児童「戦争ない社会を」

福岡市早良区の飯倉公民館で20日、飯倉小(曽根徹校長)の平和学習の授業があり、6年生約80人が福岡大空襲を経験した地域のお年寄り5人の話に耳を傾けた。

戦火が激しくなるに連れ、物資不足が顕著になった。当時小学生の岩本幸代子さん(81)は「学校に行くのに靴がなく、はだしだった。新しいものはなく、何でも修理して使っていた」と振り返った。1945619日夜、井手俊一郎さん(92)は街が火の海だったことを覚えている。ビルには火柱、周囲には布団や毛布を頭にかぶって逃げる入、リヤカーには病人やお年寄り・・・。「怖い、恐ろしいではなく、火の渦としか言いようがなかった」。翌朝、呉服町から西公園まで歩くと、全てが焼け野原になっていた。(以下略)」(同前)


[PR]
by kibouh1 | 2016-06-27 05:28 | 平和を | Comments(0)

f0239450_13553821.jpg

「沖縄、23日「慰霊の日」 前夜祭の灯、戦没者鎮魂」と伝えています。もともと本土並み返還だったのではないか。基地ばかりの島ではなかっはずです。

社会保障政策にはバラマキと批判する人たちのバラマキ。

「(声)3万円の「お恵み政策」に心惑う 83歳 2016622日朝日新聞

 2年前から年金だけの生活になりました。質素な暮らしですが、「礼節を知る」に足る日常を過ごしています。

 4月中旬、市の福祉課から3万円の臨時給付金の申請書が届きました。もちろん給付金を必要とされる人もいると思いますが、私はなぜかこの唐突な「お恵み政策」を素直に喜べず、心の内に戸惑うものがありました。

 国には膨大な借金がある一方で、社会には緊急の課題が山積しています。少子高齢化、保育、介護、貧困と枚挙にいとまがありません。これらの問題を解決していかなければ、若者たちの未来は不透明のままでしょう。お金は、高齢者のためだけでなく、若い世代のためにも使うべきではないかと思ったのです。

 私は、5年前に震度6強の地震を経験した者として、「お恵み」を大地震に見舞われた熊本とエクアドル、国連児童基金(ユニセフ)に寄付しました。最もお金を必要としている所へ贈ることにしたのです。気持ちが少し落ち着きました。

 政治家の方々にお願いします。国民みんなのお金は、社会のためになるように使ってください。」


[PR]
by kibouh1 | 2016-06-26 05:54 | 政治・行政 | Comments(0)

f0239450_19142407.jpg

「加藤登紀子のひらり一言  2016620日朝日新聞

 ■Reライフ 人生充実

 好きなことを、好きな人と、好きなように

    ◇

 50歳を過ぎたら嫌なことはしない、と心に決めたの。

 私だって若い日には無理をしたのよ。だからこそ今は、最高の人生を!」

「ふるさと納税」の性質についての問題提起がされています。

「(声)「ふるさと納税」は財源不足生む 76歳 2016621日朝日新聞

 全国の自治体が昨年度受け取った「ふるさと納税」の寄付額は1653億円で前年度の4倍になった。手続きの簡略化などが主な要因というが、豪華な返礼品も問題になっている。本当に「ふるさと」への恩返しになっているだろうか。

 ふるさと納税は、行政の経費を賄う「租税」の趣旨から逸脱しているのではないか。徴収できるはずの地方税が、他の自治体に流れ、財源不足をきたすことも起こりうるからだ。

の住む自治体は住民税収入が数年前に比べ、数十億円単位で減っている。しかも、緑地保全の目的で、住民税の中に別枠を設け、本来の住民税に「上乗せ」する形で年二十数億円を徴税している。

 上乗せしたのは、行政改革をしてもなお財政が厳しいためだという。そんな状態なのに他の自治体への寄付に住民税減税の特典を与えるのはおかしくないか。

 自治体に住民税の減収を補填(ほてん)する制度を作れないか尋ねた。「国の制度なので自治体では無理」と言う。特定の自治体が不利益を被らぬよう法改正を望む。」

富める人の優遇税制になっていないかという指摘があります。ですが、お金を少しでも集めたい自治体の苦労もある。基本的な論議が必要かもしれません。


[PR]
by kibouh1 | 2016-06-25 05:13 | 経済 | Comments(0)

政権維持の学習

f0239450_18482623.jpg

「「青年乙女の会」ピンチ 結成60年 長崎被爆者運動の原点 高齢化、会員5分の1に」と西日本新聞は伝えています。伝承する事業の宿命でしょうか。

こちらは政権維持のうまさの話。「危機管理」もありますが、オバマの広島訪問を利用して日本もまた核廃絶に努力しているかのように印象付ける方法にすぐれているように思う。

「第2次安倍晋三政権の真骨頂は「危機管理」の徹底だ。民主党から自民党への政権移行期の3年間、首相官邸の取材を経験したが、その確信は九州から安倍政権を眺める立場になって一層強まった。 熊本地震で、政府は発生から1週間足らずで政府現地対策本部長の松本文明内閣府副大臣を交代させた。テレビ会議で「バナナでも おにぎりでも、本部の食事の差し入れを」と発言、ひんしゅくを買っていた。不祥事や失言が政権の足かせになると判断すれば、「火消し」は驚くほど早い。閣僚らの不祥事が相次いだ第1次政権は「危機管理」に失敗し、1年の短命に終わった。「総理の悲願は長期政権を成し遂げ、ずたずたになった誇りを取り戻すことだ」。第2次政権発足時、父晋太郎氏の秘書時代から安倍首相を知る自民党 関係者はこう言った。政権は巧みに「進化」した。「保育園落ちた日本死ね!」。3月、匿名ブログが反響を呼ぶと、保育土の待遇改善を打ち出した。同一労働同一賃金、給付型奨学金・・・。国会答弁で敵意むき出しに野党を攻撃する一方で、その主張ものみ込む。危機管理の一環ともいえる「争点潰し」は、高支持率の源泉である。参院選が近づいてきた。今月1日の記者会見で、首相は選挙戦の争点をまたも 「アベノミクスへの信任」 と位置づけ、持論の憲法改正は「簡単なことではない」と意欲を封印した。国民の期待はあくまでも経済再生。国論を二分する改憲を正面から訴えれば、票を逃しかねない。第1次政権を振り返り「あの時の挫折は今も胸に深く刻み込まれている」と語った首相。世論を意識すれば、改憲への道は険しいだろう。だが過去の国政選挙では、争点化を避けた特定秘密保護法や安全保障関連法を、選挙後に成立させてもいる。長期政権への足場を着々と固める安倍政権。有権者とともに、その実相を見極めたい。(池田郷)」(2016614日西日本新聞)

これだけ貧困が広がっていても批判が政権に向かわないのはなぜか。巧みな情報操作があるのではないか。


[PR]
by kibouh1 | 2016-06-24 05:46 | 政治・行政 | Comments(0)

増税延期の狙いは

f0239450_14565283.jpg

おんせん県―大分の全面広告からです。「お父さんのギャグより爽快にスベる龍門の滝です」とありました。復興に向けた取り組みでしょうか。

IMFがアベノミクスの達成は無理だというが、同時に消費税率を15%に上げるよう求めています。社会保障は消費税にと約束さえ守らないで、富裕層や大企業の減税を続けています。そして、憲法改悪のために増税延期を語っています。

「増税再延期は選挙目当てだ   69

現役時代、業者さんとの値段交渉で最後のお願いして「消費税分だけどうにかならないか」と泣きついたものです。しかし、10%になれば、口に出せる言葉ではないと思います。 安倍首相は消費税増税の 2年半再延期を表明しました。消費者には歓迎すべきことかもしれませんが、その理由について不可解さを払拭できません。それはあまりにも参院選挙を意識し過ぎているからです。真に考慮すべきは、財源の確保と経済動向ではないでしょうか。容赦なく少子高齢化の波は押し寄せています。これに立ち向かうには、安定した財源が必要です。この点に関する説明と対策は不可欠です。これがなければ「消費税増税分は社会保障費に回す」との約束をほごにする結果になります。他に財源がないとすれば、国債に頼るしかありません。それは将来に重いつけを残します。国に、若い人たちに大きな「負の遺産」となります。」(2016618日西日本新聞)


[PR]
by kibouh1 | 2016-06-23 05:56 | 消費税 | Comments(0)

原発電力は避けたいが


f0239450_14401137.jpg

「気流

4月の電力の小売れ 全面白由化で、家庭も電気の購入先を選べるようになった。九州は九州電力の電気料金が比較的安いこともあるのか、様子見の人が多い。では、わが家はどうするか。九電の領収書を基にインターネットで料金比較を試みた▽契約種別は従量電灯Bで、契約容量は30アンペア。電気使用量や郵便番号、世代人数は「3人以上」などの条件を打ち込むと、多くの試算結果が出た。節約額が最大なのは「HTBエナジー」で年間6231o 九電との契約を続け新料金プランに移行すれば年1735円の節約だ▽年間節約額の差 、は約4500円。その昔、九電幹部に「西日本の報道は気に入らん」と、購読打ち切りを宣言された。でも、それを理由にすると意趣返しのようで後味が悪い。とりあえず九電の新料金プランが得策か。どうしたもんじゃろのお。」(2016617日西日本新聞)

JR九州の多くの施設で九電との契約でなく新電力を使うという。我が家みたいな老人世帯はどうしていいのか分からない。原発のことを考えれば新電力にしたい。だが、料金は安い方がいいということになります。安い所もありそうですし、近いうちに考えてみたいと思います。

 さて、原発廃止しないのは核兵器製造を念頭に置いているという発言を聞いたことがあります。なんたることでしょう。

「核禁止条約締結ヘ 数億人の署名目標

被団協総会閉幕

日本原水爆被害者団体協議会(被団協)16日、核 兵器の廃絶を目指して世界的な世論を高める決議を採択し、2日間の定期総会を終えた。決議は5月のオパマ米大統領の広島演説について、核兵器を使用した責任に言及せず、核廃絶の道筋に具体的に触れなかったと指摘。「米国の(原爆) 投下に対する謝罪の証し としても、核兵器廃絶への責任と行動を一層深く求めなければならない」と訴えた

世界各国に核兵器禁止・廃絶の条約締結を求めるため、国内外の平和・反核団体と連携し、数億人規模を目標とする署名活動に取り組む。被爆者の平均年齢は80歳を超えており、総会では次世代に被爆体験を継承することの重要性を確認。被爆2世の全国調査に着手する。被団協結成60周年記念事業を88日、長崎市で開催することも決めた。

被団協はオパマ氏にあらためて広島、長崎への訪問を働き掛ける方針。岩佐幹三代表委員は総会後の記者会見で「オバマ氏が広島に来たことは評価しないといけないが、大統領任期を終えた後も核廃絶運動の先頭に立つ気持ちを持ってほしい」と話した。総会は15日から東京都内で開かれた。(竹森太一)」(同前)


[PR]
by kibouh1 | 2016-06-22 04:39 | 原発 | Comments(0)