人気ブログランキング |

気ままなつぶやきです


by kibouh1

カテゴリ:マスコミ( 78 )

報道の自由は

f0239450_10273610.jpg

新聞の投稿欄からです。

「作家死去なら本屋に本なし  65

本紙にも紹介されていたが、死去した作家の本は、だんだん本屋の店頭から消えていくらしい。そういえば、私の好きだったミステリー-サスペンス作家が2年前に亡くなった。夏樹静子さん。作品は「Wの悲劇」「量刑」「蒸発」などたくさんあった。しかし、今は店頭で見ることは少ない。夏樹静子さんは20163月、77歳で亡くなられた。彼女の本を手に入れようと本屋に行ったが見つからない。(以下略)」(2018424日西日本新聞)

現政権はマスコミを支配したいらしい。

「放送法4条の見直しは不要   73

放送法4条には「公序良俗」「政治的中立」「正確な報道」などに違反しないことを放送局に求めている。戦時中の大本営発表のように敗北を「連戦連勝」と国民を欺いた報道を防止 するためでもある。 安倍政権では、この規制をすべて撤廃する動きがある。その理由は、自由な表現が可能なネットとの垣根を取り除くとのことだ。規制緩和と言えば聞こえは良いが、特定の政党の一方的主張、フェイク()ニュース、若者に悪影響を与えかねない性風俗の放送なども自由に放送可能になるだろう。この動きには自民党政権寄りと言われる全国紙さえ反対の社説を掲載した。(以下略)」(同前)

今回の災害時に自民党議員らが酒席をもうけ、安倍総理を含めて幹部も参加。テレビの昼の番組で「どうでもいいことだ」みたいな発言が続いた。政治に影響はないとする趣旨だったが、政権を批判しない人がコメンテーターの今後を見守りたい。


by kibouh1 | 2018-07-16 09:26 | マスコミ | Comments(0)

f0239450_09164715.jpg

「ニュース川柳

・地図で追う優勝力士の出身地

・大臣のヤジと寒波に凍りつく」(201823日西日本新聞)

「権力は腐敗する」と教えられました。各国を見れば真実です。それは放蕩の自由一体です。特定の新聞社を攻撃するトップはそれだけでも問題ありと言えるのではないか。

「花時計

「ここにいない患者に内容を伝えるため、マスコミを中に入れてください」。国内最大の食品公害カネミ油症の患者支援策を話し合う3者協議。いつも、報道陣の傍聴を認めるか否かで始まる公開を求める患者団体に対し、原因企業のカネミ倉庫は「マスコミには不信感がある」と拒み、厚生労働省も「これまで公表せずにやっている」とにべもない。公開に後ろ向きな姿勢に、事件の風化を待っているのかと勘ぐってしまうただ、患者の訴えは会場外まで聞こえてくる。「今も救われない被害者はどうすればいいのか」。1万人以上 が被害を訴え、患者認定されたのは約2300人。怒り、悲しみ、やるせなさ・・・。声色には複雑

な感情がにじむ。油症発生の1968年から半世紀。事件はまだ決着していない。(山下真)」(同前)


by kibouh1 | 2018-03-11 06:15 | マスコミ | Comments(0)

無名の人も生きていた

f0239450_09391761.jpg

NHK大河ドラマは「西郷どん」2週目では、農民の苦しい生活にも目が注がれていました。今後も期待したいが、無名の人の大河ドラマも見たい。例えば「おしん」のような・・・。

新聞のコラムからです。

「風車  拙い燕雀にも光を

来年のNHK大河ドラマは「西郷どん」で ある。海音寺潮五郎や 司馬遼太郎が既筆し男 性ファンの多い西郷であるが、今回 は林真理子の筆になる。女性の眼から見た西郷は如何なるものか、ひとしお興味を持つ。 いつも思うのだが、歴史上の人 物たちには常に光が燦然と注がれる。だが、行動を共にし、死地 ヘ赴いた草莽の者たちに日が当たらない。泉下で黙して眠っているだけである。

西郷軍に味方し、結果朝敵となり、武士でありながら切腹も許されず、打ち首になった若者たちは多くいる。私の故郷豊前中津に増田栄太郎という勤皇の男がいた。福沢諭吉の従弟である。西洋開明派の福沢と合わず、慶応義塾を辞して中津に戻り「田舎新聞」を発行し論を張っていた。西郷の蜂起を知り、相呼応して中津隊を組織し、合流せんと突進した。 火野葦平が「中津隊」という題で、 西日本新聞夕刊(1944124)に増田のことを書いた。

(以下略)。(中洲次郎) 」(2017126日西日本新聞)

ここにも無名の人がいた。


by kibouh1 | 2018-01-18 06:38 | マスコミ | Comments(0)

年寄りの生活に

f0239450_09500013.jpg

新聞の投稿欄からです。

「木枯らし待ち 干し柿を作る 73

11月になると木枯らしが吹くのを今か今かと待っています。昔の農家は冷え込んできたら、渋柿を収穫していました。青竹の先を削って柿を挟んでもぎ取っていました。昼は麦まき、干し柿作りは夜なべ仕事でした。子どもはヘタの周囲を剥ぎ、母と兄たちは全体の皮をむく。 父は外で細縄につるす。朝になると、干し柿のカーテンができていました。夜なべなので、時々嫌気が差して腹痛を理由に「ずる」して早く寝ていると、ばあちゃんが「柿むきん時 は腹痛が多かね」と言って、あしたは誰じやろうねえとの声が聞こえる。

冷え込みが厳しいと、カビが生えないのでよく干し上がっていた。完成品は市場ヘ出荷し、その代金で母は正月用の子どものげたや洋服、そして当時珍しかったバナナを大きな風呂敷に包んで担いで帰ってきました。子どもたちも、それが一番の楽しみでした。(以下略)」(20171123日西日本新聞)

自然と生きる姿がありますね。

年寄りには大事な休刊日の話です。

「休刊日やはり 手持ち無沙汰 77

本紙に休刊日のちらしがて入ると憂欝になる。子どものころ、遠足が雨で中止になったような気分である。私は朝6時起床、7時朝食、8時から座敷で腹ばいになって新聞を読む。新聞はを広げる音やインキの匂い。至福の時である。毎日約30ページもの膨犬な数の文字で埋める。大変な作業と思う。配達も未明から働き、毎日家庭に確実に届いている。休刊日もやむを得ないと理解する。が、何となく手持ち無沙汰で落ち着かない。昼前にはとうとう西スポを買ってくる。(以下略)」(同前)

休刊日は生活のリズムが変わります。そこで、休刊日用の新聞をコンビニで販売するとか、ネットで購読できるようにするとか、ないものだろうか。


by kibouh1 | 2017-12-10 05:49 | マスコミ | Comments(0)

これが正義か

f0239450_09520332.jpg

安倍首相は、私の考えは読売新聞に書かれているので読んでくださいと言いました。

読売新聞を読まない私は次の広告の件も知りませんでした。

「気流

岡山理科大学の全面カラー広告が18日の読売新聞朝刊にあった。愛媛県、今治市に建設中の今治キャンパスと瀬戸内海の島々を結ぶ「しまなみ海道」を収めた航空写真の上に「新しい獣医学部半世紀ぶりに誕生!」の文字が躍る▼岡山理科大を知らない人も「加計学園」と聞けばピンと来るだろう。理事長は安倍晋三首相のお友達。獣医学部の新設を巡って政治

家や役人の関与や忖度が指摘されながら、真相は解明されないまま14日に文部科学省から認可された▼大学の次の課題は学生集め。定員は獣医学科140人、獣医保健看護学科60人。これに見合う受験生を集める広告媒体として新聞が選ばれたのなら新聞に携わる一人としてうれしい限り。この広告は、加計問題を厳しく追及する他紙には見当たらない。広告の出稿はもちろん自由。でも何か引っ掛かる。」(20171121日西日本新聞)

驕れる人たちの連係プレー。いつまで続くのか。


by kibouh1 | 2017-11-25 06:51 | マスコミ | Comments(0)

疑惑は・・・

f0239450_13174312.jpg

新聞社批判の本の広告が目立つのはなぜでしょうか。

「熱血!与良政談 再び「加計報道」を考える=与良正男

毎日新聞2017118日 東京夕刊

 衆院選と日米首脳会談が終わるのを、まるで待っていたかのようなタイミングだ。文部科学省の大学設置・学校法人審議会が近く、「加計(かけ)学園」の獣医学部新設を認める答申を出すという。

 内閣府が文科省に対し、「総理のご意向」などと記して来年4月の開学を急がせた--とする文科省の文書の存在が発覚したのは今年5月。今回認可されれば結局、文書通りにことは運んだということになる。

 もちろん、「衆院選で自民党が大勝して答申も出たから、これで幕引き」というわけにはいかない。 (略)

 もう一つ、忘れてはいけないことがある。当初から本欄で書いてきたように、この問題はジャーナリズムはどうあるべきかも問いかけているということだ。

 前川喜平・前文部科学事務次官が文書は本物だと証言する直前に、読売新聞は前川氏が現職中に「出会い系バー」に通っていたと報じた。前川氏の証言潰しのための報道ではなかったか。今も私は疑念を抱く。

 一方、首相は最近「ゆがめられた行政がただされた」と獣医学部新設を評価した加戸守行・前愛媛県知事の発言を再三取り上げ、メディアがもっと報じてくれていれば国民の理解は進んだと言っている。

 そして産経新聞は首相と歩調を合わせ加戸発言を大きく報じなかった朝日、毎日両紙を「自社の論調や好悪に合わせ」「大切なことでも『不都合な真実』は無視してはいないか」と批判する。(以下略))(専門編集委員) 」

最近の動きは民主主義の崩壊を示しているように感じます。


by kibouh1 | 2017-11-11 04:17 | マスコミ | Comments(0)

マスコミの反省は

f0239450_13130539.jpg

「仲畑流・万能川柳 毎日新聞20171030日 東京朝刊

☆印は秀逸(仲畑貴志選)

☆完成度高いが故に目立つミス 久喜 宮本佳則

無駄があるから豊かな人生 熊谷 一Q楼

世の中と政治のせいにしてりゃ楽 生駒 鹿せんべ(以下略)」

新聞よりテレビで目立ったのは「小池劇場」として連日報道しました。その責任は「小泉劇場」などを反省していないのだと思う。政治が求めても報道する側がコントロールすればいい。権力の操作に協力している様子に思えました。

「論説委員の目「劇場型政治」はもう終わりに

 政治が劇場化することは間々起きるが、今回の衆院選ほど短期間に、しかも劇場乱立の政局も珍しかった。

唐突に衆院を解散した安倍晋三劇場、自民党に代わる政権の受け皿を目指して希望の党を立ち上げた小池百合子劇場、そこへの合流を打ち出した前原誠司劇場-。

政治取材に携わって20年余り、劇場政治の危うさとうさんくささは骨身に染みていたはずなのに、政局の急展開に「今度こそ政権選択選挙か」などと、また浮足立ってしまった。ああ、恥ずかしい。

 終わってみれば、郵政解散当時の小泉純一郎劇場のように爆発的人気を集めた劇場はなかった。前宣伝だけが派手だった小池劇場と前原劇場は不入りの責任を巡る内輪もめで早くも閉幕状態である。

 各劇場が伸び悩む中、1番人気は同じ出し物を毎回、異なる演目で演じる安倍劇場だった。ただし5年近くも同じでは主役も脇役も慢心する。観客には飽きがくる。心配は全く別の出し物の台本をこっそり用意していることだ。

劇場にちなんで芝居に例えてみると、こういうことか。しかし、政治はお芝居とは違う。政治家は国民を惑わせる芝居をしてはいけない。

野党で喝采を浴びたのが前原劇場から小池劇場への移籍を「芸風が異なる」として“排除”された立憲民主党だったのも皮肉な光景である。

これも枝野幸男劇場と呼べるのかもしれないが、「まっとうな政治を」という原点回帰の訴えが多くの有権者を引きつけたことは政界も真剣に受け止める必要があろう。

大見えを切って耳目を集めるだけの劇場型政治は終わりにして地に足の着いた政策本位の政治にしてほしい-脱・劇場型政治への有権者の切実な思いを痛感させられた選挙でもあった。政治家やメディアこそ目覚めが必要だろう。

ということで、今回は人気劇場に付きもので、芸は未熟なのにスターと思い込み、トラブルを引き起こす「チルドレン」役者は増殖しなかった。それだけはよかった、ということか。=2017/10/29付 西日本新聞朝刊=」


by kibouh1 | 2017-11-02 07:12 | マスコミ | Comments(0)

f0239450_14221616.jpg

「会見は首相の「PRの場」か  82

925日の安倍首相の記者会見を聴いた。大義なき解散、野党の質問封じの解散・・・私にも言いたいことはいろいろある。ところで、会見の進め方です。冒頭から20分余り、首相の発言に費やされた。その後の記者の質問。ここでもまた首相の答弁が冗舌で、質問の中身がかすんでしまつている。そもそも記者会見とは何か。記者が徹底的にただし、事の真相をつまびらかにする場ではなかったのか。質間時聞を制約して一方的に自分の考えを表明するだけの今回のような会見では、首相の「PRの場」に堕しているのではないか。

本来、ジャーナリズムは権力のチヱック機関として権力の暴走を阻止することが大きな使命の一つであるはずだ。権力に遠慮するようでは、ジャーナリズムの自殺行為になってしまう。内閣記者会は首相会見の在り方を早急に再検討して、もっと活発な質疑応答一ができるようにするべきである。」(2017104日西日本新聞)

首相も問題ですが、記者クラブの情けなさは極まっています。東京新聞の記者が官房長官に繰り返し質問しているのに、官邸側が記者クラブに注文したという。それにどう対応したのでしょうか。記者クラブ廃止論が出てくるのは仕方がないと思われます。

なぜなら、景気は好調として株価が高いのだとしていますが、ここに莫大な年金資金などが投入されています。これが「官製相場」といわれる所以だと思います。

「『経済の好循環』どこに

アベノミクス 「官製相場」恩恵届かず

カチ、カチ、カチッ。 午前8時、福岡市郊外のマ ンションの一室。2年前に会社を早期退職し、本格的にデイトレードを始めた男性(57)がパソコンのマウスを操る。株価が下がりそうな銘柄の吟味だ。

株価はアベノミクスによる官製相場。いったん下がっても、いずれ戻る。だからもうかる」。現役時代に購入したマンション2棟の家賃が主な収入で、株の利益は「小遣い」。500万円を元手に年100万円以上を稼ぐ。「少額だが利回りは20%。こんなにおいしい商売はない」景気拡大期は、戦後2位の「いざなぎ景気」(49カ月)を超える可能性が高い。「ここ5年近く改革の矢を放ち続け、ようやくここまでくることができました」衆院解散を表明した925日、首相安倍晋三は記者会見で胸を張った。足元の日経平均株価は2万円台。201212月の政権発足時のほぼ2倍だ。「表立っては言わなくても、もうかっている投資家は増えている」。同市内にマンションとビル計3棟を所有する東京の男性経営者(49)は、主に株式と不動産で資金を運用。毎年50%以上の増益を続けるなど絶好調だ。「アベノミクスのうち、少なくとも第1の矢の金融緩和は効いた。続けてもらわないと困る」(以下略)」(同前)


by kibouh1 | 2017-10-08 08:21 | マスコミ | Comments(0)

f0239450_09084617.jpg
「自民・長尾氏「デマ」拡散 ネットの投稿、削除し謝罪

自民党の長尾敬衆院議員(比例近畿)7月、民放が偏向報道しているとネットメディアが根拠なく投稿した内容を、自身のツイッターに引用して拡散を呼び掛け、その後「事実でな

かった」と謝罪していたことが5日、長尾氏の事務所などへの取材で分かった。(以下略)」(201796日西日本新聞)

真実かどうかを見極めないといけない時代というのはどういうものか。トランプ氏は「うそ」というが私たちには判断材料がない。

2017818日西日本新聞「うそと向き合う時代に 中 国谷裕子 森達也 「分かりやすさ」の落とし穴」では次のような指摘がされています。

「森

フヱイク()ニュ ースについて考える時、既存メディアとネットメディ アの違いは何かというジレ ンマに突き当たります。(昨年の米大統領選で多くのフェイクニュースを流した) マケドニアの若者たちは、自分たちのサイトがクリックされればされるほど稼ぎが増えるとの理由で、刺激的なフェイクばかりを提供した。ならば、既存メディアでこの間題はないのか。 もちろんそうではない。クリック回数にあたるのは視聴率や新聞の部数。つまり市場原理ですね。メディアは視聴率や部数を伸ばすために、よりセンセーショナルに、よりスキャンダラスに情報を加工する。マケドニアの例は確かに極端だけど、でも本質的な違いはない。

国谷

若い人が新聞を読まない、テレビを見ない中で、既存メディアは、分かりやすく、もっと明快に提示しないと視聴者や読者をつかめない、と考える傾向があるのではないかと思います。「白か黒か」、そっちの方が面白いし、見ていて分かりゃすい方向に行きがちですね

国谷さんにお聞きしたいけれど、NHKで「クローズアップ現代」を23年間やって、そんな矛盾に突き当たったことは。

国谷

よりキャッチー (目を引く)で分かりやすく、という点は求められたと思います。「クロ現」は、VTRの部分とキャスターの私の発言する部分と、ゲストの話の3つの構造になっていて、なるべく多面的に分かりにくいところも提示しようという意識はずっと持っていました。ただ、分かりやすく見せたいとか、面白く引きつけたいとかで「クロ現」も苦い経験をしました。2014年に出家詐欺問題を扱ったとき、出家の相談シーンを隠し撮りふうに演出をしたことなどで、放送倫理・番組向上機構(BPO)から「事実をわい曲した」と指摘されました。担当者は、現場でなぜそこまでしたのか。そのほうがよりインパクトを与えられると思ったのか。そこにメディアの持つ危うさが潜んでいたのです。(以下略)」

メディアも、個人も、絶えず「うそ」とは言わないまでも「読んでもらいたい」「見てもらいたい」という誘惑から逃れることは難しい。なんらかの修飾の誘惑はあると思う。それが視聴者にどう関心を持ってもらうかの演出の範囲なのか、「うそ」に踏み込んでしまうことにならないか。難しい問題だという意識が必要ではないか。


by kibouh1 | 2017-09-10 08:07 | マスコミ | Comments(0)

NHKの在り方は


f0239450_10051747.jpg

NHKは国民の期待に沿う道しかないと思うが

「気流

パソコンやスマ一トフォンを持っていたら受信料を払わされるのでは?テレビ番組のインターネツト常時同時配信を検討中のNHKの動きが気になる。テレビと同じように、ネット視聴できる端末を所有しているだけで「受信料」ではあまりに一方的すぎる有識者でつくる検討委員会が先日、負担の在り方について答申した。何らかの手続きをして番組を視聴できる環境をつくった者から受信料を取るのが適当との内容。若者のテレビ離れが進む中、テレビ番組を常にネットでも流し、いずれは受信料の徴収範囲を広げる狙いだネット受信料も大事だが、 放送の中身も磨いてほしい。災害時にラジオやテレビの情報は被災者の力になる。片や節目のニュースに出てくるベテラン政治記者の安倍晋三首相べったりの解説。これは公共放送に似つかわしくない。」(2017728日西日本新聞)

例えば、災害時の地域FM放送はNHKが名乗りをあげるべきではないか。


by kibouh1 | 2017-08-01 05:04 | マスコミ | Comments(0)