人気ブログランキング |

気ままなつぶやきです


by kibouh1

お知らせ


お知らせの次からが投稿です

全国首長九条の会の呼びかけ、再録します(メルマガ編集部)
憲法9条を守り抜くために全国首長九条の会を結成しましょう。
5月18日、「全国首長九条の会」準備会を結成しました。

今年は、安倍首相のもとで9条改憲発議を許すか、という正念場の年です。
7月か8月には参議院議員選挙が行われます。この選挙で改憲派の3分の2を打ち破ることが重要です。
 この重要な時機に当たり、全国の首長(現職、元職)有志が5月18日(土)東京で「全国首長九条の会」を結成しようと集まりました。
東北6県市町村長九条の会連合(東北6県の首長経験者でつくる会=東北連合と略称)が呼びかけ、九条の会東京連絡会、九条の会、東北連合、首長有志の4者が打ち合わせ、準備しました。呼びかけは「九条の会メールマガジン」で2回掲載してお知らせし、また準備会メンバーの知人・友人にも呼びかけました。
18日の準備会までには105名の首長経験者が賛同。
5月18日の準備会には22名が参加しました。
 今日の「九条の会メールマガジン」では会の一部をお伝えすることしか出来ません。全国の首長経験者の皆さん、また関心をお持ちの皆さん、ぜひ事務局(「行動計画の最後に掲載」に意見をお寄せください。
 「アピール」にあるように、「今こそ、首長や首長経験者が声を大にすべき危急存亡の秋」です。力を合わせ、戦争への道を二度と歩むことがないよう、頑張りましょう。
 当面、以下を進めませんか。
一 「全国首長九条の会」結成に向けたアピールをお読みください。
二 「行動計画」には8つの具体的な項目が書いてあります。お読み下さい。
三 首長経験者の皆さんで賛成される方はご連絡ください。メールでも封書で
もファックスでも構いません。「行動計画」に連絡先が2ヶ所、5名書かれています。そのどこでも結構です。
四 「全国首長九条の会」は早期に結成したいと考えています。時期などは改めてご報告いたします。
五 安倍改憲のスピードに勝るスピードが必要です。各県段階で会を創りまし
ょう。個人参加も可能です。 
 
◆「全国首長九条の会」結成に向けたアピール

国民のみなさん
全国の都道府県知事、市区町村長の皆さん、元職の皆さん
本日私たちは、「憲法9条を守り生かす全国首長交流会」を開催し、政党政派にとらわれず、平和憲法9条を守り抜くという壮大な目標に向かい、さまざまな垣根を取り払い、「9条を守る心は一つ」、「一人の百歩より百人の一歩」を合い言葉に、「全国首長九条の会」の結成に向けた第一歩を踏み出しました。
今年は、安倍首相のもとで9条改憲発議を許すか、という正念場の年です。
私たちは、選挙で選出され、市区町村民の生命財産を守ることを究極の使命とし、これを脅かすものに身命を賭して立ち向かってまいりました。
私たちは、この憲法9条の「改憲」こそ、市区町村住民の安全・安心を脅かす最たるものであり、断固としてこの動きを阻止し、憲法九条を守らなければならないと決意を新たにしています。特に、住民のみなさまの安全安心を脅かす戦争は、断じて阻止しなければなりません。
安倍首相が、地方自治体の自衛隊募集業務への非協力を理由に改憲を改めて打ち出したことは、いわれなき9条改憲であり、地方自治体への挑戦であります。地方分権一括法施行から19年、「国と地方は、対等協力の関係」という精神をわきまえず、個人情報の保護を謳う行政執行に逆行する安倍首相の主張は、まさに無知無法であり許せません。また沖縄県民の民意を無視し辺野古新基地の工事を強行することは、憲法と地方自治を踏みにじるものであります。
今こそ、首長や首長経験者が声を大にすべき危急存亡の秋(とき)ではないか、との思いがいや増すばかりです。
いま全国では7000を超える「九条の会」が憲法9条を守るために幅広い運動を展開しています。あわせて安倍改憲を許さないと3000万人署名運動も取り組まれています。
私たちは、「九条の会」と歩みを共にし、憲法9条の理念を高く掲げ、これを堅持し実行することが人類に課せられた歴史的使命であることを誇りとして、市区町村住民すなわち国民の偉大な英知と力の結集をはかるために、自治体首長、元首長のみなさまに「全国首長九条の会」への結集と、都道府県での「首長九条の会」づくりを心から呼びかけます。
安倍首相のすすめる憲法9条改憲を発議させない声を大きく広げましょう。そして衆参両院の9条改憲勢力を3分の2以下とするとりくみもそれぞれの立場ですすめましょう。

 2019年5月18日            「全国首長九条の会」結成準備会

◆行動計画
5月18日に開催した憲法9条を守り生かす全国首長交流集会は、安倍改憲をめぐる今日の緊迫した情勢のもとで、「全国首長九条の会」の結成を急ぐべきだとの認識で一致し、「全国首長九条の会」結成準備会に発展しました。交流集会に提案された行動計画案は、以下のように結成準備会としての行動計画とします。                全国首長九条の会結成準備会

1.安倍首相のすすめる憲法9条改憲を、発議させない。
2.衆参両院の9条改憲勢力を3分の2以下とする。
3.沖縄県民の民意を無視し辺野古新基地の工事をはじめ、憲法と地方自治を踏みにじる政府の行為に反対する。
4.安倍9条改憲NO!全国市民アクションの進める、3,000万署名運動を推進する。
5.野党共闘・市民共同を強化する。
6.呼びかけ人、賛同者、九条の会、市民団体などの協力のもと、賛同者を広げ、「全国首長九条の会」の結成をめざす。都道府県ごとにも「首長九条の会」の結成をすすめる。
7.憲法9条改憲や、地方自治に対する攻撃などについて、必要に応じて声明などを発表する。情勢に応じて、「憲法9条を守り生かす全国首長交流会」を開催する。
8.当面、事務局員は下記の5名に委嘱し、実務を担当し、結成総会などを準備する。


f0239450_08201804.jpg
f0239450_08203116.jpg










# by kibouh1 | 2019-12-31 09:17 | Comments(0)

生きているだけで・・・

f0239450_14481837.jpg

生きているだけで丸儲けといった人がいます。

「「生きているだけで大正解」「仕事人間」病を機に講演502019/6/20西日本新聞

 生きているだけで大正解! 熊本市の司会業ベニー寺本こと寺本涼一さん(70)が、飾らない言葉で家族の大切さを伝える講演が多くの人の共感を集めている。家庭を顧みない「仕事人間」の日々を突き進んでいたさなかに大病したとき、家族が支えてくれた体験を基にしている。寺本さんは「人は幸せを求めて遠くを見がちだが、私のようにすぐそばにあるかもしれません」と語り掛ける。

 5月中旬、寺本さんは終活を考える高齢者ら約30人を前に地元で講演した。「きょう帰ったら、ぜひご主人、奥さん、家族を褒めてあげて。褒めるには、日頃からちゃんと見とかないかんよ」。話の中心は家族との関係。寺本さんが、妻(66)や子どもに嫌われていた経験を持つからだ。(以下略)」

たしかに、生きている現実にくじけそうになることがあります。それでも、生きていくための励みがあれば立ち直れます。支え合っていこうではありませんか。


# by kibouh1 | 2019-06-26 05:47 | 高齢者 | Comments(0)


「屁理屈はいいから」という意味の薩摩弁「ぎを言うな」という言葉が出ました。薩摩隼人でもないのに

「春秋 2019/6/13 10:36 西日本新聞 オピニオン面

 あの山がそんなに高いはずは-。スクープのきっかけは記者の素朴な疑問だった。地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の配備を巡り、防衛省の適地調査に重大な誤りがあった。地元の秋田魁新報の取材で発覚した

▼防衛省は、秋田市の新屋演習場が唯一の適地としていた。他の候補地はミサイルを探知・追尾するレーダーを遮る山が周囲にあるなどの理由で不適とした

▼納得いかない記者が分度器と地図で測ってみると、山を見上げた角度がおかしい。実は9カ所で過大に報告されていたのだ

▼地元紙ならではの「土地勘」と、不安を募らせる住民の側に立って粘り強く取材した成果だ。地方に拠点を置くメディアとしてお手本としたい

▼防衛省は、ネット上の地図で計算した際に、縮尺の違いを見落とした単純ミスと説明、陳謝した。重要な選定基準なのに実測をしなかったとは。そもそも、ミサイル迎撃は飛んでくる銃弾を拳銃で撃ち落とす、と例えられる精緻なシステムだ。こんなずさんな組織で大丈夫かと心配になる

▼最初から「新屋」ありきで、他はおざなりの調査だったのでは、との疑念も浮かぶ。官庁が政権に都合よくデータや文書を操る例はさんざん見せられてきたから。ミスが判明して住民の信用を失っても、「新屋が適地」は変えないという。地元の声に耳を貸さず強引に進めるやり方は、沖縄の基地問題と二重写しのようにも。」

強権的な政治が続くのか。悪夢がよぎります。


# by kibouh1 | 2019-06-25 06:11 | 平和を | Comments(0)

平和のありがたさ

f0239450_13343426.jpg

6月19日から20日にかけて福岡にも空襲がありました。

「福岡大空襲74年、市内で鎮魂の集い 戦争体験語り 灯明に祈り込め

2019/6/16 6:00 西日本新聞 ふくおか都市圏版

 福岡大空襲から74年となるのを前に、福岡市内で15日、鎮魂の集いが2カ所で開かれた。同市中央区の市民福祉プラザでは「平和のための福岡女性のつどい」(福岡女性団体交流会主催)があり、空襲時に中学1年だった新宮町の寺川了禄(のりよし)さん(87)が自身の体験を話した。

 空襲当時、篠栗町に住んでいた寺川さん。翌日、博多に向かうと辺り一面が焼け野原だった。警防団に頼まれ、軍手をして赤ん坊を抱いたまま亡くなっている母親の遺体を担架に乗せ、当時の奈良屋小に運んだ。「遺体から脂がにじみ出て、軍手がすぐだめになった」と振り返る。

 その後も焼け野原と小学校を往復し、遺体を運んだ。機械のように感情はなかった。「極限状態に追い込まれ、まひしてしまった。戦争によって人間は変わる。戦争は二度とやってはいけない」と語気を強めた。

 空襲で176人が亡くなったとされる同市中央区の簀子(すのこ)地区では、犠牲者を追悼し平和の尊さを考える「灯明で伝える 簀子平和への集い2019」が旧簀子小体育館であった。(以下略)」

簀子小跡地と隣り合わせの公園があります。戦死者の慰霊碑があります。この前の道路は唐津街道などの交通の要所で、高札を掲げる「制札場」もあったと聞きます。


# by kibouh1 | 2019-06-24 06:33 | 平和を | Comments(0)

結論ありきだ

f0239450_14044000.jpg
緊張感をもっていというが、言葉だけ

防衛官僚が角度を間違えるのだろうか。東大や防衛大などの卒業生がいる官僚組織の中で数学が苦手な子のような間違いをするのだろうか。何兆円もかかるお金が使われる。データミスという分かりやすいミスではあるが、納得しがたい

「地上イージス失態相次ぐ 調査データミス 防衛相、秋田で陳謝へ

2019/6/15 6:00 西日本新聞 社会面

 地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」配備計画を巡り、防衛省は14日、岩屋毅防衛相が17日に候補地の陸上自衛隊新屋演習場のある秋田市を訪問すると発表した。調査で誤りが見つかった問題について謝罪し、配備計画への理解を求める考えだが、佐竹敬久・秋田県知事ら地元は不信感を募らせており、理解を得るのは容易ではない。もう一つの配備候補地のある山口県にも近く訪問する考えで、夏の参院選を前に事態を沈静化したい思惑も透ける。

 「不信を買っていることについて重ねておわび申し上げます。将来の態勢をしっかり強化する必要があると考えている」。岩屋氏は14日の閣議後の記者会見で改めて陳謝し、副大臣を本部長とするイージス・アショア整備推進本部を近く設置することを表明した。

 ミスが判明したのは、防衛省が5月に公表した調査報告書だ。同省は地元秋田の要望を受け、新屋演習場の他に候補地がないか東北地方の国有地計19カ所を調査し、周囲の山がレーダーの障害になるとして9カ所を「不適」と結論付けた。

 だが、国有地から山の頂上を見上げた角度が実際よりも過大に記載されていたことが分かった。

 ミスの原因は、担当者が衛星写真を利用したサービス「グーグルアース」の地図データを基に山の断面図を作成した際、データが山の高さを強調するために縦の長さを拡大していることに気付かず計算したからだ。これに地元住民は猛反発し、職員がその後の住民説明会で居眠りしていたことも怒りに拍車を掛けた。

 こうした状況を受け、知事は10日の県議会で「防衛省の姿勢には甚だ疑問があり、話は振り出しに戻った」と防衛省との協議の「白紙」を表明。「もはや大臣が行かなければ収まらない」(政府関係者)事態となった。(以下略)」


# by kibouh1 | 2019-06-23 06:02 | 政治・行政 | Comments(0)

定年までは

f0239450_10175570.jpg

私が働きだした頃は、定年は55歳。現在は60歳から65歳ですが70歳になっていくのでしょうか。定年までは仕組みや社会の流れは変わると思います。

「新入社員、半数が転職志向 10年後には?、民間調査6/14() 6:23配信 共同通信

 今年の新入社員に「今の会社で何年働くと思うか」と質問したところ、計46.9%が「10年くらいまで」と答えたとの調査結果を就職情報会社「マイナビ」が発表した。入社間もない新入社員の半数程度が既に転職を視野に入れていることになる。定年まで働くとしたのは、21.8%にとどまった。(以下略)」

「ライフステージに合わせて働き方を変えたい」の44.4%が最多だとは思えいう。社会の仕組みがよく分からないままの回答のように思えました。


# by kibouh1 | 2019-06-22 06:17 | 高齢者 | Comments(0)

接待にも度がありそうだ

f0239450_13203959.jpg

2019613日西日本新聞の投稿欄からです。大相撲の観覧は日本は独立国だとは思えないものに感じました。

「米国一辺倒の外交から脱却 82歳

安倍晋三首相は令和初の国賓としてトランプ米大統 領を招いた。ゴルフ、大相 撲観戦、炉端焼きの食事と 過剰ともいえる接待だったが何を期待していたのか。会談後の記者会見でトラン プ氏との緊密な関係を誇示 し、ウィンウィン(相互利得)の姿勢を堅持するとも強調していた。緊密な関係はもろ刃の剣なりかねない。トランプ氏の無理難題の要求に拒絶

できない恐れがある。トランプ氏は日米貿易不均衡解消として農産品の市場開放、自動車の輸出制限、兵器購入などを要求するようだ。「8月に素晴らしいことが発表される」と明言した。 圧力とも受け取れる。(以下略)」


# by kibouh1 | 2019-06-21 06:19 | 政治・行政 | Comments(0)

粗末な対応だ

f0239450_09421260.jpg

2019613日西日本新聞の読者投稿欄からです。

「障害者の職場環境づくりを 34

昨年8月に中央省庁の障害者雇用率の水増しが発覚し、各省庁は不足した雇用率を埋めるため障害者の採用を進めている。今年2月 には障害者のみを対象とした国家公務員試験を行い、 今秋にも2回目の試験を実施する予定だ。政府は年末までに約4千 人の障害者採用を掲げるが、数合わせを急いでいるようにしか思えない。51日の本紙によると、昨年10月以降に省庁に採用された障害者のうち、今年5月時点で100人以上が離職していた。予想通りだった、というのが正直な感想だ。国は雇用率達成ありきではなく、職場定着までを視野に入れて障害者の働きやすい環境づくりを行ってほしい。(以下略)」(2019613日西日本新聞)

今の政権では、何か問題が露呈すると何日間で解決すると言います。北海道の大規模停電でもそうでした。徐々に短期で解決できないと後から繰り返します。巧妙と言えばそうですが、障害のある人をなめきっています。受け入れ態勢も整わないのに言う・・・・


# by kibouh1 | 2019-06-20 05:41 | 障害者 | Comments(0)

プラスは消えた

f0239450_10474111.jpg

年金額は増えたというが0.1%です。5万円の年金では? 既に物価高騰で消えています。

「国会 安倍首相「不正確で誤解与えた」老後2000万円野党追及 6/10()

国会では、参議院決算委員会が行われていて、野党側は、「95歳まで生きるには夫婦で2,000万円の蓄えが必要」と試算した金融庁の報告書について、政府の対応を追及している。

立憲民主党・蓮舫副代表「総理、日本は、一生懸命働いて、給料をもらって、勤めあげて退職金をもらって、年金をいただいて、それでも65歳から30年生きると、老後2,000万円ないと生活が行き詰まる、そんな国なんですか」

安倍首相「これは、金融庁から発表された数字なんだろうと思いますが、これは不正確であり、誤解を与えるものであったと」

「金融庁の報告書は不正確」との認識を示した安倍首相に、立憲民主党の蓮舫副代表が、「年金100年安心は、うそだったのか」と畳みかけると、安倍首相は「そうではない」と反論したうえで、「今年度の公的年金の支給額はプラスに転じた」と強調した。(以下略) (フジテレビ)

 今年の年金額の話しではないのでは・・。


# by kibouh1 | 2019-06-19 06:46 | 高齢者 | Comments(0)

f0239450_10180417.jpg

「松本人志と太田光、社会に向けて2人が紡いだ言葉の違い

河村能宏 201969日朝日新聞

 対して同じ日の裏番組、TBS系「サンデー・ジャポン」。爆笑問題の太田光は事件を巡りネットで起きた「死にたいならひとりで死ぬべき」論争に触れ、かつて自身が「人の命を大切に思えない」などとふさぎ込んでいた時期から立ち直った体験談を告白。死んでもいいという考えから抜け出す道は「近くに」あるということを、言葉を選びつつ、慎重に視聴者に向けて発していた。(一部引用)

松本氏の発言は知られていますので太田氏の発言趣旨を引用しました。松本氏の発言に知らん顔なのでしょうか。報道の自由なのでしょうか。

こんな介入は困りますが・・・。

「公共放送への家宅捜索、非難が続出オーストラリア 2019066日BBCニュース

オーストラリアの公共放送、オーストラリア放送協会(ABC)の本社を連邦警察が家宅捜索したことをめぐり、メディア業界や権利団体から抗議の声が挙がっている。

警察は5日、ABCの記者2人と報道局長1人を名指しした捜索令状を持って、ABCのシドニー本社を家宅捜索した。ABCは強制捜査に抗議している。

4日にも、機密情報を漏えいした疑いで大手メディア、ニューズ・コープ・オーストラリアの記者宅を調べており、懸念が広がっていた。」


# by kibouh1 | 2019-06-18 06:17 | 支え合う社会に | Comments(0)

権利はあるが

f0239450_10280694.jpg

201969日西日本新聞を読んで唖然としました。新聞のコラムの表現に九州電力が記事の訂正を求めたという。

「窓~編集局から

朝刊社会面の「デスク日記」は、ベテラン記者が日々のニュースや身近な出来事を素材に、自分なりの思いや考えをつづるコラムです。531日付は東京支社報道部のデスクが担当。前任地の鹿児島総局時代に取材した川内原発の再稼働を取り上げました。コラムは当時の住民の声を紹介しながら、九州電力の原発テロ対策施設が来年の設置期限に間に合わないことを指摘。その上で「九電には『前科』がある」として、九電が免震棟で計画していた事故対応拠点の構造を再稼働後に変更した事実に触れました。この「前科」という表現に九

電から抗議を受けました。「読者の誤解を招く。われわれが犯罪者のようで、到底受け入れられない」との趣旨です。記事の訂正も求められました。広辞苑によると「前科」には二つの意味があります。一つは「以前に法を犯して刑罰を受けていること」。もう一つは「比較的に、よくないことやしくじりをした前歴」です。用例には「遅刻の前科」とあります。無論、九電の計画変更は犯罪ではありません。「前科」は辞書にある通りの比喩表現で、訂正が必要とは考えていません。ただ「前科=犯罪」と受け取られる恐れがないとは言い切れず、その点は表現が適切でなかったことから、九電におわびしました。一方で、筆者が九電の計画変更を批判的に捉えたのには 理由があります。九電が免震棟を耐震に計画 変更したのは川内原発2号機再稼働の2カ月後。耐震構造の優位性を説明する九電に「それは再稼働前から分かっていたはずだ」と地元住民の不信感が高まりました。 当時、原発30キロ圏の鹿児島県姶良市議会が可決した意見書ら「県民への約束のほごだ」と九電を厳しく批判。筆者は こうした地元の憤りを取材していました。「デスク日記」は書き手の感性が命です。言葉の選択に注意を払いつつ、これからも多様な「ものの見方」をお届けしたいと考えています。(東京支社報道部長・植田祐一)

いろんな見方があると思いますが、記事の訂正を求めるとは傲慢過ぎはしないか。


# by kibouh1 | 2019-06-17 06:27 | 原発 | Comments(0)

幸せは柔らかいものだと

f0239450_09511001.jpg

先日、テレビニュースを見ていてふと思った。ニュースはアクセルとブレーキの踏み間違いの防止機器の注文をさばききれないぐらいあるという。続けて車メーカーに標準装備としたらというコメントを期待したが民放は巨大広告主に言えないのかもしれないと思いました。

 そんな話ばかりだときつい。浅田真央さんの言葉は説得力があります。

「フィギュアスケーター 浅田真央  10代の君へ

恐怖心 向き合い開けた道

全国を巡るアイスショー「浅田真央サンクスツアー」を約l 年前に始めて、「ああ、幸せだな」と思えるようになりました。そう感じたのは初めてで す。幸せは「柔らかい」ものじゃないですか。選手時代はそこまで気持ちが柔らかくありませんでした。強くないと自分に負けてしまう。幸せだと考える暇がありませんでした。 15歳以降は、心から楽しいとは思えなかったです。勝ち負けだけではなく、年齢と共に体形が変わって、ジャンプに乱れが

出て思うように跳べなくなったり、試合で恐怖心が出できたたからでしょうか。(以下略)」(2019526日朝日新聞)

世界で戦うことの厳しさを感じます。「やわらかい」日々が続くように・・。


# by kibouh1 | 2019-06-16 06:50 | 支え合う社会に | Comments(0)

f0239450_10330057.jpg

少し古いニュースですが、秘密保護法の話です。

「特定秘密じわり拡大 施行後4割増の547件 保護法成立6日で5

12/6() (毎日新聞) Yahoo!ニュース

 政府の安全保障に関する重要情報を守るため、漏えいに重罰を科す「特定秘密保護法」が成立して6日で5年を迎える。法制定時には、秘密の範囲があいまいだとして政府による情報隠しの恐れが指摘されていた。懸念された動きは表面化していないが、識者は「政府内の動きを外から見えなくする仕組みだから当たり前だ。国会などによる監視活動を強化すべきだ」と語る。

 特定秘密は外交、防衛、スパイ・テロ防止の分野で、大臣などが指定する。指定は5年ごとに通算30年(一部は60年)まで可能で、秘密を漏らした場合は最長懲役10年が科される。成立の1年後の201412月に施行された。

 政府の11府省庁が186月末時点で「北方領土に関する外国政府等との交渉・協力の内容」など547件を特定秘密に指定。法施行時の1412月より165件(43%)増加した。秘密を記録した文書は17年末時点で383733文書となり、3年間で194540文書(203%)増えた。内閣情報調査室の担当者は「増えるのは自然な流れだ」と話す。

 日本弁護士連合会などは(1)秘密の範囲が広く不明確(2)官僚組織が自分たちの都合で指定できる(3)重罰で知る権利が侵害される――の問題点を指摘していた。NPO法人・情報公開クリアリングハウスの三木由希子理事長は「限られた人にしか秘密を見せないようにして情報統制を強化することが目的の法律で、政府内部で起きていることが見えない仕組みだ。問題が具体的に起きていないからと言って懸念が杞憂(きゆう)だというのは誤りだ」として、秘密の閲覧権限を持つ衆参両院の情報監視審査会の活動に期待する。

 特定秘密を扱うには「適性評価」と呼ばれる身辺調査を受ける必要がある。資格を持った人は17年末時点で124514人(民間人3013人含む)と1512月より約3割増えた。適性評価を受ける人は病歴や借金の有無などを申告し、政府から確認を求められた医師は回答する義務がある。日本精神神経学会法委員会の富田三樹生委員長は「医療情報の提供義務は医師の守秘義務の原則を破壊する。また医療機関が情報提供したかどうかを(学会として)把握できないのも問題だ」と課題を指摘する。【青島顕、山田麻未】(以下略)」

個人の秘密に踏み込んでくる権力が与えられ、適正に運用されたかも分からないのではないか。これは個人の病という秘密情報を犯す人権侵害ではないか。


# by kibouh1 | 2019-06-15 06:32 | 秘密保護法 | Comments(0)

安全安心な街へ

f0239450_09402342.jpg

子どもの生きる環境としては厳しいものがあると最近の事件は教えてくれます。たが、次のような話もあります。

「勇気を出して声をかけよう  74

ラジオを聞いていたら、リスナーの投稿を読んでいた。視覚障害者の方が白杖を突いて歩き、少し立ち止まると、ある人が「何かお手伝いしましょうか?と声をかけてきたという 白杖の方は「腕につかまらせていただいていいですか」と言い、手助けを申し 出た人の手につかまった。割と小さな人だなと思ってちょっと体にも触れると、ランドセルを背負った 人だった。まだ小学5年生 だったとか。それを聞いて胸を打たれた。小学5年生。10歳。私の孫と一緒。ランドセルの子どもさえ手を差し伸べているのに、老年の私はできていない。(以下略)」(201965日西日本新聞)

白杖の人に声を掛けるのにはためらいがあると思いますが、「何かお手伝いしましょうか?」と声をかけてみましょう。


# by kibouh1 | 2019-06-14 06:39 | 社会 | Comments(0)

f0239450_13484610.jpg

天安門事件は風化しているのでしょうか。

「デスク日記 2019/6/5 西日本新聞 社会面

 「その話題はちょっと…」。4年前、北京の飲食店で会った青年は、盗聴器を警戒するかのように周囲を見回し、語るのをためらった。学生らの民主化運動を中国政府が武力弾圧した198964日の天安門事件について、尋ねた時のことだ。

 事件に関する報道や言論は徹底して禁じられている。多くの若者たちは事件を知っていても「生活のことで頭がいっぱい」と語りたがらない。地方からの出稼ぎ者からは事件自体、知らないという声も。今年で30年、風化は進む。

 それでも、人の口に戸は立てられない。冒頭の青年は、当時、民主化運動に参加し天安門広場近くにいた父親から話を聞かされた。将来、子どもにも知ってほしいという。海外留学中に知る人も少なくない。ある女性は職場の同僚と話し合い、「歴史を知らないことは中国人として恥ずかしい」と語った。あったことを「なかったこと」にするのは難しい。 (相本康一)」

風化しているというが、留学生も、海外で働く人もいます。情報は届くのではないでしょうか。


# by kibouh1 | 2019-06-13 06:47 | 社会 | Comments(0)

規制はどうなっているか

f0239450_10083535.jpg

「コンビニ24時間営業など公取委が調査へ 加盟店に不利益 排除措置命令も視野毎日新聞201964日 」という。遅すぎだと思うが、高齢者の生活にも不可欠のインフラになっています。

80歳以上4人に1人が運転 小規模自治体ほど「生活の足」毎日新聞201964

 内閣府が60歳以上を対象に実施した調査で、回答した80歳以上の4人に1人が車を運転しているとの結果が出たことが4日、分かった。高齢者の運転する機会は小規模の市町村ほど多かった。電車やバスといった公共交通機関が限られ、車は買い物や通院などに欠かせない「生活の足」となっていることが裏付けられた。(以下略)」

走る凶器とも言われているのに法規制が遅れた行政の対策遅れがなぜ問題にならないか疑問です。


# by kibouh1 | 2019-06-12 07:07 | 高齢者 | Comments(0)

燃える人

f0239450_10114214.jpg

『昭和からの伝言』鈴木健二著は、1945年3月10日の東京大空襲という民間人を標的にした無差別爆撃の体験を記しています。人間が燃え、断末魔の叫びをあげるのを目の当たりにします。それも二人です。そして、逃げおおせます。

「小さな石段を一段一段、手さぐりで這うようにして上り、線路の上に出て、さらに石段を上ってホームに出ました。見廻すと、国技館のある南の方からわが家がある東。さらに北の浅草も西の日本橋も、火また火でした。高い場所であるホームに、立っているのがやっとの強風が、すべての方向から、ごーっと音をたてて押し寄せ、薄い灰色をした煙が這い上がって来ました。私達は止めであった客車に入りました。」

その時に、北九州市出身の詩人 宗左近 長編詩「炎える母」を思い出しました。5月には西日本新聞に生誕100年を迎えての記事があり、「炎える母」を読んだときのインパクトを思い出しました。

「炎える母」のごく一部からです。

「母よ

あなたは

つっぷして倒れている

夏蜜柑のような顔を

炎えている

枯れた夏蜜柑の枝のような右手を

炎えている

もはや

炎えている」

鈴木健二氏は記憶が風化することがあるとして体験を書き残しています。


# by kibouh1 | 2019-06-11 06:10 | 平和を | Comments(0)

高齢者独居率

f0239450_10414676.jpg

ハロウィンの時に渋谷での飲酒禁止にするという。テレビか何か忘れたので屋外での飲酒禁止かどうかは確認できないが・・・。

東京は独居率が高い。1極集中と言われながら何の改善ももたらしていない。

「高齢者独居率に地域差 2040年、最大1.4倍 6/1() 共同通信

 国立社会保障・人口問題研究所の推計によると、世帯主が65歳以上の高齢者世帯のうち、1人暮らしが占める割合(独居率)は2040年に最も高い東京と最も低い山形で1.4倍の地域差が出た。将来的には全国で増加が避けられず、孤立を防ぐ仕組み作りなど社会全体の備えが急がれる。(以下略)」


# by kibouh1 | 2019-06-10 06:40 | 社会保障 | Comments(0)

日本人は勇敢か

f0239450_13593767.jpg

『武士の日本史』で高橋昌明氏は次のように述べています。

「日本人は勇敢か

これまで武士や武器、武家政権研究についての現在の日本史学界の到達点を、自説も交えながら紹介してきた。最後に日本人がもともと武の面で勇敢な民族であるかのように主張する見解について、一言述べて本書を閉じたい。確かに今から七十数年前、太平洋の島々で、アメリカ軍は日本の兵士たちに強い衝撃を受け た。弾薬・食糧が尽き絶望的な状況になっても、降伏を拒否し死ぬまで戦いをやめない兵士たちにである。しかし、その「勇敢さ」が、日頃は非人間的な軍紀で絶対服従を強制され、戦死は名誉、降伏は本人にとっても家郷の家族・親類にとっても恥辱、捕虜は敵前逃亡とみなされる、という観念を徹底的にたたきこまれた結果であることについては、第五章で述べた。

当時、物質文明は欧米の方が優れているかもしれないが、精神文明では日本が優れている、と主張がなされた。物質文明、つまり生産力や科学技術力の優劣は客ある民族だけが特別に精神力に優れていて、ほかはそうではないと断言できる客観的な根拠はあるのか。日本にやまとだましいがあれば、アメリカにはヤンキー魂があり、イギリスにはジョン・ブル魂がある。日本軍は米軍機のパイロットや海兵隊の勇猛果敢さにしばしば舌をまき、ナチスドイツは逆境に打ち克つ不屈の精神を持つ英国人の粘り に敗れた。 日本海軍は「見敵必戦」をモットーとしたが、実際の攻撃は一、二の例外を除くと、ほとんどが淡白で、目の前の敵を沈めると、長居は無用と引き揚げていった。これを「一撃必殺」と称したが、この点では、米海軍の方がはるかに徹底しており、勝ちいくさになればかさにかかって攻めたて、敵を叩いた。日本側が淡白だったのは、その軍艦が攻撃力偏重で防御を犠牲に しているため、存外被害に弱く、欲ばりすぎて虎の子の艦船を喪失するのを恐れたから、といわれている。アメリカの軍艦建造能力は質・量、とくに量において日本をはるかに上回り、しかも艦の防御・安全性を重視した。だから被害・損耗をあまり気にせず思い切ってやれる。つまり、攻撃精神の強弱も生産力・技術力やダメージ・コントロールの水準という独立変数によって左右される従属変数だった、ということである。」

作られる神話に踊らせられているのかしもしれません。


# by kibouh1 | 2019-06-09 06:58 | 平和を | Comments(0)

差別のなかで

f0239450_13404048.jpg

「春秋 2019/5/30 10:30 西日本新聞 オピニオン面

 110年前のきょう、彼はロシア系ユダヤ移民の子として米国・シカゴに生まれた。家は貧しく福祉施設で教育を受けた。無料で音楽を教えてくれる教室で手にしたクラリネットが人生を変えた。才能を開花させプロの演奏家に

▼自ら楽団を編成し、歯切れの良い新しい音楽「スイングジャズ」を大流行させた。「スイングの王様」と称されたベニー・グッドマンである。クラシックの殿堂カーネギーホールでジャズコンサートを成功させるなど、米音楽史を塗り替えたグッドマン。もう一つ後世に残る逸話がある

▼当時の米国では、南部を中心に人種差別政策が行われ、乗り物や公共施設では白人と有色人種を分けるのが当たり前と考えられていた。音楽界でも白人と黒人が同じ舞台に立つことはなかった

▼グッドマンは自分の楽団に黒人の演奏家を採用し、一緒に演奏した。その生い立ちが、悪(あ)しき慣習に風穴をあける勇気を与えたか。「黒人最初の大リーガー」とされるジャッキー・ロビンソンが登場する10年以上も前のことだ

▼村上春樹さんは「楽器から出てくる音さえ素晴らしいものであれば、そしてそれがご機嫌にスイングさえすれば、彼は半魚人だって雇ったかも知れない」と評した

▼移民や難民を敵視する風潮が強まり、民族や宗教の違いが対立を生む今の世界。だからこそ、聴きたい。肌の色など関係なく、みんなで♪シング、シング、シング。」

領土問題を戦争で解決するかといって辞任しない国会議員。「性的なサービスを提供する店に行きたいとの趣旨の発言も繰り返したという」という報道もあります。維新の会は政党の責任として決着すべきではないか。


# by kibouh1 | 2019-06-08 05:39 | 支え合う社会に | Comments(0)