人気ブログランキング |

気ままなつぶやきです


by kibouh1

2019年 03月 25日 ( 1 )

鉄砲伝来の今は

f0239450_11025786.jpg

ジャカルタの地下鉄の運行のソフトでは、日本が貢献しているというニュースがありました。新しい地下鉄工事の受注も視野に入れているのでしょうが。

鉄砲伝来は種子島と習いましたが、今はどうなっているのでしょうか。

「天文二O年前後、泉州堺(現大阪府堺市)から鉄砲を入手し、南九州にも鉄砲が伝わった形跡が あるので、種子島だけを鉄砲伝来の窓口とするには無理がある。西洋人が日本に伝えたとされるが、実際は当時東アジアの海域に活動した中国人倭冠の役割が大きいようだ。鉄砲が日本各地に広まったのは、それを愛好した第一二代将軍足利義晴が贈答品として大名らに賜与したのと、職業的な砲術師が各地を渡り歩き、鉄砲の運用技術を教授して廻ったからである。鉄砲伝来の結果、ただちに戦闘技術と城郭の構造が一変したという軍事一辺倒の説があるけれど、初期の砲術秘伝書のなかには鳥獣への射法の記載がすこぶる多い。これは伝来後、鉄砲がまず狩道具として広まったことを示している。」(『武士の日本史』)

 軍事面での変化が強調されるが、鳥獣の捕獲に利用されていたというが・・・。


by kibouh1 | 2019-03-25 06:02 | 歴史 | Comments(0)