人気ブログランキング |

気ままなつぶやきです


by kibouh1

2019年 03月 23日 ( 1 )

贈り物

f0239450_11321734.jpg

201927日西日本新聞の投稿欄からです。

「父との時間は神様の贈り物 60歳

昨年の夏、同居していた父が肺炎にかかり、救急車で入院しました。2カ月間の入院で車椅子生活に。その後、施設に入居し「快適だ」と言っていました。大正生まれの父は厳格。父と2入だけで話をしたことなんかありませんでした。病院や施設にお世話になるようになって、毎日会いに行ったので父とよく話をしました。あんなに父と会話したのは初めてでした。 父が再び肺炎になり入院。ある日、母と私にいろいろ話をした数時間後、父は静かに旅立ちました。昨年5月のことでした。父とたくさん話ができたこと。今、それは「神様か

ら頂いた時間」と思っています。(以下略)」

自分への贈り物にしてもいいのでは

「自分へご褒美かなわぬ夢か  67歳

母が新春。お昼すぎ、こたつに入ってストーブに当たりながら杯を手にする。じいじは夢を見た。じいじは家を売るんだ。そしてキャンピングカーを買う。それで生活できる立派なやつだ。冬は沖縄、夏は北海道で暮らす。地元の漁港で食材を買い、こんろ で料理して一杯やる。 海でサーフィン。山に登り、温泉ざんまい。何と幸せなことか。 じいじの半生はつらかった。暗いうちから出勤、昼食も取らず仕事、帰りは午前さま。何人も辞めていったが、じいじは懸命に頑張った。そろそろ旅に出よう。(以下略)」

自分を褒めてやるのもいいのではないか。


by kibouh1 | 2019-03-23 06:31 | 社会 | Comments(0)