人気ブログランキング |

気ままなつぶやきです


by kibouh1

2019年 03月 02日 ( 1 )

宇宙まで競争に

f0239450_11180154.jpg

アメリカも宇宙軍の創設を始めるという。

「オピニオン 春秋

 今から50年前、米国のアポロ11号が月に到達し、アームストロング船長が初めて月面に降り立った。その様子は世界中にテレビ中継された

▼人類で最初に月に足跡を残したファーストマンは「一人の人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては大きな飛躍である」と月から語り掛けた。その言葉に、何とすごいことを成し遂げたのかと子どもながらに体が震えた

▼実際は、極めて危険で無謀な計画だった。携帯電話もない時代。現在の科学技術から見れば「点火されたブリキ缶」のような宇宙船で月を目指した。数々の事故が起き、幾人もの宇宙飛行士が命を落とした(略)

▼冷戦は終わり、宇宙は多国間での共同開発の時代に。だが、時計の針を半世紀、巻き戻すようなトランプ米大統領である。米国は冷戦終結につながった、ロシアとの中距離核戦力(INF)廃棄条約の破棄を通告した。国内向けに対ロ強硬姿勢を示すのが狙いとも

▼極めて危険で無謀な決定だ。その一歩は人類にとって大きな後退となろう。=2019/02/21付西日本新聞朝刊=」

大国の軍事拡大の争いには人類の希望を打ち消す力さえある。地球の破滅のなかの宇宙の意味はどういうものなのか。


by kibouh1 | 2019-03-02 05:17 | 平和を | Comments(0)