人気ブログランキング |

気ままなつぶやきです


by kibouh1

2019年 02月 26日 ( 1 )

愛されない高齢者

f0239450_10114708.jpg

愛されていたお年寄りだったのだろう。

「【バンコク共同】タイ北部で昨年6月に行方不明になった認知症の女性(59)が、自宅から約700キロ離れた中国雲南省昆明で今年1月に保護され、17日までにタイに帰国した。どのようにして昆明にたどり着いたのかなど、行方不明だった約7カ月間の行動は分かっていない。タイのメディアによると、女性はタイ北部チェンライに居住。「中国に住んでいる息子や親戚に会いに行った。中国で人々に食べ物をもらった」などと話している。(以下略)」よく分からないニュースですが、家族に会いに行ったとすれば凄いですね。

話題は変わります。医師の見解です。

「老いることの中に「幸せのヒント」があります

精神科医としてのわたしの専門は、老年精神医学になります。いままでたくさんの高齢者と向き合ってきましたが、つくづく感じてきたのは老いてからの人生のむずかしさです。

なぜ「むずかしいな」と感じるのか。 老いてからの人生とそれまでの人生は、まったくべつのものになってくることが多いか らです。いわゆる人生の成功者が幸せな高齢者になるとは限らないし、逆に恵まれない人生を送ってきた人がそのまま不幸な高齢者になるとも限りません。その逆のケースがいくらでもあるのです。

ただ、たくさんの高齢者と向き合ってきて一つだけわかったことがあります。 これはもちろん、わたしなりの考え方、感じ方になってきますが、周りの人、とくに家族のような身近な人たちに愛されない高齢者は不幸だなということです。」(『自分が高齢になるということ』)

当然といえばそうですが、愛される高齢者というのも気持ちが悪いように感じます。死ぬまで我がままとはいかないのか。


by kibouh1 | 2019-02-26 07:10 | 高齢者 | Comments(0)