人気ブログランキング |

気ままなつぶやきです


by kibouh1

2018年 10月 29日 ( 1 )

f0239450_09120288.jpg

新聞の投稿欄からです。

「離職を理由に一律減点とは 57

東京医科大が女子受験者を一律減点させて男女の合格比を操作していたのには考え込んだ。その理由が女子の離職率の高さと聞いて、もっと考え込んだ。医者になるには、長い年月をかけて人一倍勉学に励 み、健康にも恵まれでなければなれない。医師という職業に思い入れもあるはずだ。それを結婚したからといってあっさり辞めるだろうか。

男性医師は女性とは体のつくりが違う。女医の方が 自身の肉体感覚として、女 性患者の訴えは理解できる はずだ。「女医さんがたくさんいれば・・・」と思っている女性は多い。なのに女医が働きやすい職場づくりに 励む代わりに、長年女医を増やさない操作がされていたとは残念だ。優秀な女性を生かせない社会は力を発揮できない。政財界は優秀な女性を育成してほしい。」(201889日西日本新聞)

「性で差別する 理不尽な社会  28

東京医科大で女子受験生が一律減点されていたとの報道にがくぜんとした。女子は結婚や出産で離職するため、得点順に合格させると女子が増えすぎて困る、という理由らしい。医療現場は体力的にも大変だと聞く。男性は体力があるからいいように使える、では男性もかわいそうだ。男女ともに働きやすい環境づくりが肝心なのに、それをせず性別で差別するなんて信じられない。努力と勉強を重ねた能力がある女性が、働きたくても働けないなんて理不尽極まりない。子を産む生き物として扱われ、産めば社会に疎まれ、産まなければ政治家に生産性がないとさげすまれ、一体女性にどう生きろというのか。

このままでは出生率だって上がるわけがない。もはや大学や会社レベルの話ではない。国は重い腰を上げ、社会の改革を目指すべきだ。」(同前)

LGBT問題の発言をした自民党議員は発言を取り消さないという。自民党執行部も取り消しを求めないということは「生産性がない」ということを支持しているのだろう。


by kibouh1 | 2018-10-29 06:11 | 支え合う社会に | Comments(0)