人気ブログランキング |

気ままなつぶやきです


by kibouh1

必須アミノ酸か

f0239450_10213992.jpg

「注文を間違える料理店」という認知症患者がスタッフの店という催しが厚生労働省でもあったという。

 老いも、若きも、必須アミノ酸が大切なのだという。当たり前ですが。

「運動、老化にはBCAAが効果的

筋肉中のタンパク質に含まれるアミノ酸の約三五パーセントを占めるのがパリン、 ロイシン。「BCAA(分岐鎖アミノ酸)」と呼ばれる必須アミノ酸だ。BCAAは筋肉そのもののエネルギー源となり、身体全体のエネルギー 源となるブドウ糖が不足したときにも使われる。不足時に即座に働くので、BCAAを こまめに補給すれば、疲れを感じにくく、持久力アップも期待できる。 激しいスポーツをすると、私たちは筋肉痛に襲われるが、これは筋肉中のアミノ酸が大量に消費されて生じた損傷の修復時に起こる。筋肉痛が起きそうな運動をしたときは、早めにBCAAを摂るとよい。筋肉自身のダメージが軽減されるから、筋肉痛もひどくなく、早く改善される。そして、このとき、私たちの身体(筋肉)は以前よりも強化される。いわゆる筋トレの成果、が現れるのである。

BCAAは、加齢による衰えを少しでも食い止め、高齢者の筋力アップにも活用できる。」(『動的平衡2』)


by kibouh1 | 2019-03-12 05:20 | 高齢者 | Comments(0)