気ままなつぶやきです


by kibouh1

非戦闘員の死は

f0239450_14264605.jpg

新聞の投稿欄からです。

「(声)非戦闘員の虐殺に消えぬ怒り 96歳 201889日朝日新聞

 悲惨な光景が、目に焼き付いて離れない。73年前。長崎への原爆投下時、私は佐世保鎮守府第一特別陸戦隊司令部に所属する海軍中尉だった。連絡任務で本部に呼び出され、飛び乗った汽車の中で見たそれは、粗むしろに横たえられ水を求め喘(あえ)いでいる、原爆にやられた1人の労働者の無残な姿だった。

 逃げるようにその場を離れたが、別の客車では、両目をやられた女学生が「痛いよ痛いよ」と母親らしい人に訴えていた。「もうすぐだから我慢しなさい」というだけでなすすべもない親子を見て、私は天を仰ぎ、怒り、この阿鼻叫喚(あびきょうかん)の地獄をもたらした米軍の原爆投下に激怒した。

 戦時国際法にも違反した非戦闘員の無差別大量虐殺。アメリカは人類の歴史が続く限り、この戦争犯罪のためにいばらを背負うべきだと思った。

 ところが戦後、政府もマスメディアからも、こうした声は寡聞にして聞かない。それでは、阿鼻叫喚の中で命を失った多数の霊が浮かばれない。(以下略)」

戦争で犠牲になるのは国民です。先の戦争では結局その責任はあいまいなままでした。再び緊張を演出する人たちに騙されないようにしたい。


by kibouh1 | 2018-11-29 06:26 | 平和を | Comments(0)