人気ブログランキング |

気ままなつぶやきです


by kibouh1

軍隊は何をするのか

f0239450_11211273.jpg

自衛隊観閲式で安倍首相は憲法9条改正を示唆したという。テレビ見た範囲でいえば、自衛隊の位置づけを配慮したいと趣旨の発言だったと記憶しているが、どこの局も9条改正の意欲だと伝えていました。マスコミも信用できないというのは先の戦争時に戦時体制になると発行部数が大幅に増えたという。そんな歴史を示すエピソードかもしれません。

「同朝刊の一面には、中国の前線に派遣されて臨場感あふれるレポートを書いていた、朝日新聞社の岡部孫四郎特派員が、北平南方の南苑で敵弾を受けて「壮烈な戦死」を遂げ、「報道戦線の花と散った」との記事もありました。岡部が殉職したのは、七月二十八日でしたが、彼の報道内容を高く評価した陸軍は、 彼を死亡前の七月二十五日付で「軍属(軍に所属する非軍人)」にするという決定を下し、一九三八年十 月には「戦死した軍属」という扱いで、岡部は靖国神社に合祀されました。

朝日新聞社はまた、同社発行の週刊誌『週刊朝日』と『アサヒグラフ』の臨時増刊として、『北支事変画報』という写真中心の別冊第一号を、七月三十日に発行しました。全三二頁から成る同誌は、七月十日頃から同二十日頃までの、北平周辺で中国軍と戦った日本軍将兵の

比較的鮮明な写真をふんだんにあしらった内容で、写真の総数は七O点に及んでいました。写真の選定は、陸軍の検閲下にあるので、その多くは日本兵が行進している光景、休憩して皆でスイカを食べている光景など、軍事機密に触れないような、後方地域での日常風景でした。」(『1937年の日本人』)

安倍応援団が非難してやまない朝日新聞でさえこんな歴史があるのです。


by kibouh1 | 2018-10-22 06:20 | 憲法 | Comments(0)