人気ブログランキング |

気ままなつぶやきです


by kibouh1

旭日旗のことをよく知らない

f0239450_10031814.jpg

秀吉の朝鮮への武力進出を「朝鮮征伐」と教わった。朝鮮の人から見ればなんだろうということにならないか。それは先の戦争時を含めての植民地扱いでも同じではないか。だが、旭日旗のことは詳しくは知りませんでした。次の投書にも教えられました。

「(声)旭日旗、韓国民の思い聞いては 57歳 20181016日朝日新聞

 韓国で行われた国際観艦式に海上自衛隊は、韓国側から旭日(きょくじつ)旗(自衛艦旗)を掲揚しないよう要請されたことを理由に参加しなかった。

 旭日旗の掲揚は韓国の国民感情を傷つけるという韓国側の言い分は理解できる。旭日旗は旧日本軍の艦艇も使い、その軍事力を背景に日本が朝鮮半島を植民地化した歴史があるからだ。

 この旗には、自衛艦を民間船と区別する国際法上の役割があるという。だが、今回は韓国が求めたとおり、国旗でもよかったのではないか。観艦式は国際親善が目的で、戦闘に行くわけでもないし訓練でもない。軍事的な威容を示す必要もない。

 主催国の国民感情を傷つけてまで海上自衛隊の誇りを守りたいのだろうか。日本の植民地支配の象徴である旭日旗を、韓国領海内に自衛隊が掲げて入ってきたときに韓国国民はどう思うか考えなかったのだろうか。

 日本と韓国の間で歴史問題でもめることは今までもあった。韓国の言い分に納得のいかないこともある。しかし両国の歴史問題の原因は日本の加害責任にもある。まず韓国の言い分をよく聞いて議論を進める姿勢も、時に応じて必要だ。」

隣国同士だからこそもめる種はあるのだと思います。外交交渉の上にのせて対話していくしかないのでは思うのですが。


by kibouh1 | 2018-10-20 06:02 | 平和を | Comments(0)