人気ブログランキング |

気ままなつぶやきです


by kibouh1

ひと雨欲しいが

f0239450_09252119.jpg

新聞のコラムからです。

「コラム 花時計

九州北部は平年より8日早く梅雨入りし、雨の季節を迎えた。陰暦6月は「水無月(みなづき)」ともいう。最初に古典で学んだ際、梅雨の時期なのになぜ、と首をひねった「無」は助詞の「の」を意味し、田植えで水を引く時期だから「水の月」なのだという。「水無月」

は当て字で、「水になる月」の読み方が変化して表現された、とも聞いたことがある▽農村部で車を走らせていると、各地 で田植えの準備が進んでいる。水をたたえた田んぼはキラキラと輝き、思わず目を奪われる。水に感謝する月でもある一方で、朝倉市や東峰村にな生々しく残る昨年の九州豪雨の爪痕を目にすると、水の恐ろしさを感じずにはいられない。水なしでは成り立たない私たちの生活。感謝と畏怖を再認識する月にしたい。(豊福幸子)」(201861日西日本新聞)

雷鳴が続いています。酷暑の夏、夕立も欲しいが、雨と言えばハンパない降り方です。竜巻も恐い。「美しい国」とは言えない雰囲気もありますが。

「コラム 気流

安倍晋三首相が唱える「美しい国」とはどんな国だろう。最高権力者をかばうために周りがうそを重ねる国?偉い人の意向を忖度した取り巻きが平気でルールをねじ曲げる国。国民をだました組織のトップが「悪質なものではない」と開き直る国?どれも首をかしげざるを得ない私は普通の国がいい。事実と異なることを言ったら素直に認めて謝るのが当たり前の国。友達に偉い人がいてもいなくても平等に扱われる国。意見が異なる相手 を尊重しきちんと議論できる国。選挙で選ばれた人が国民の代表にふさわしい振る舞いをできる国。そして何より、リーダーが国民から信頼されている国うそがまかり通る国。ばれなければ何をしてもいい国。疑惑まみれの人がトップに居座る国。大好きな日本をこんな国におとしめたのは誰?許してはいけない。」(同前)


by kibouh1 | 2018-08-17 06:24 | 震災 | Comments(0)