気ままなつぶやきです


by kibouh1

大岡越前の裁きも虚構が

f0239450_10342637.jpg

「 オピニオン  春秋

 「大岡越前」と聞くと先日亡くなった加藤剛さんの端正な顔が浮かぶ。約30年も名奉行を演じ続けた名優とのお別れは寂しい

▼責任は「痛感」と頭を下げるが責任は取らない。真相解明や再発防止が責任だと開き直って居座る。損をするのは詰め腹を切らされる部下と、税金は使われ真相は知らされない国民の「二方」だ

▼今度は野田聖子総務相が関連する件で、情報公開請求を受けた金融庁が開示前に内容や請求者名を野田氏側に伝えていた問題が。請求者の情報を利害関係者に漏らさないのは情報公開制度の鉄則。国民の知る権利を守る制度の根幹を揺るがす由々しき事態だ

▼何より罪深いのは野田氏が制度を所管する役所のトップということ。町奉行が自ら法をないがしろにするようなものだ。今回も役人の処分で幕を引くつもりか。大岡は庶民に温かく接する一方、将軍であろうと法は守らねばならぬという姿勢を貫いた。忖度(そんたく)ばやりの今の政官界。名奉行はいずこに。=2018/07/27付 西日本新聞朝刊=」

大岡裁きは後の創作もあるという。だが、今の世は国民が裁かないといけません。会計検査院なども見て見ぬふりをしているのですから。


[PR]
by kibouh1 | 2018-07-31 06:33 | 社会 | Comments(0)