気ままなつぶやきです


by kibouh1

福岡大空襲から73年

f0239450_11214150.jpg

意外と知られていない福岡大空襲です。

「6・19福岡大空襲から73年 戦時の駅弁包装展示 福岡市博物館で「戦争とくらし」展[福岡県]

 1945年6月19日の福岡大空襲から73年。福岡市早良区百道浜3丁目の市博物館で、戦争関連資料を展示する「戦争とわたしたちのくらし」が開かれている。

 毎年この時期に博物館が開催しており、今回は各種印刷物に載った標語を中心に約80点を展示している。

 3月に寄贈を受けた福岡市の男性が集めていた戦時中の駅弁ラベル38点を初展示。折尾駅(北九州市)の「かしわ飯」には食料節約のため「本日は肉なし日」とスタンプが押してある。 輸送力を維持するため一般市民の鉄道利用自粛を求める「この一年旅行は止めだ!!」と書いた包み紙のほか、「たのむぞ石炭」と呼び掛ける前線の兵士の絵が載った戦時ポスターもある。 8月26日まで。入館料は大人200円、高校大学生150円、中学生以下無料。(以下略)

   ×    ×

【ワードBOX】福岡大空襲

 福岡市勢要覧などによると、1945年6月19日午後11時すぎから約2時間、221機の米軍B29が福岡市に焼夷(しょうい)弾を投下した。被災戸数は1万2693戸。死者902人、負傷者1078人、行方不明者は244人に上った。当時の奈良屋、大浜、冷泉、大名、簀子の5校区に被害が集中した。=2018/06/19付 西日本新聞朝刊=」

戦争の記憶を確認するのも大切なことだと思います。

 新聞の体験記も貴重です。

「(声)語りつぐ戦争 看護師めざす友は空腹のあまり 89歳 2018618日朝日新聞

 お国のための一心で国民学校高等科を卒業した43年春、日本赤十字社の従軍看護婦の養成所に入りました。14歳でした。

 朝6時から器具の煮沸消毒など診察の準備をし、午前中は病院で実務研修、午後は講義。土曜夜には「教育」という時間があり、その週の言動を上級生から厳しく注意されました。

 でも、一番つらかったのは空腹です。食事の量が少なく、十代の育ち盛り、誰もがひもじい思いをしていて、日曜の面会の差し入れが何よりの楽しみでした。数粒のいり大豆も、必ず同室の4人で分け合いました。

 ある日、廊下に全員並ぶよう命じられました。妹さんが面会に来たのに折あしくお姉さんと会えず、差し入れを他の人に預けて帰ったそうです。ところがその品がお姉さんに届かなかったことが発覚したのです。

 預かったのは誰か。整列した私たちの前を妹さんが一人ひとり顔を確認しながら歩き、そして指さしました。「この人」。その人は姿を消しました。

 差し入れを横取りするとは、よほど空腹だったのでしょう。彼女が哀れでなりません。学業も実務も立派に務めていたのに飢えが道を違(たが)えさせたのです。」


[PR]
by kibouh1 | 2018-06-24 05:20 | 平和を | Comments(0)