気ままなつぶやきです


by kibouh1

罪を憎んで人を憎まずは

f0239450_16243396.jpg

「コラム 花時計

罪を犯し、刑務所を出た人たちのその後を追っている。先日、繰り返し盗みを重ねた50代の男性を紙面で紹介した。インターネットにも掲載されたが、コメント欄を見て悲しくなった。更生を誓う男性に、「再犯したくないなら両腕を切り落とせばいい」などの冷酷な言葉が並んでいた私が出会った人の中には、罪を他人や社会のせいにして、反省しているとはとても思えない人も確かにいた。周囲の支えにも気付かず、過ちを繰り返して刑務所に戻って行った人もいる。一方で、犯した罪と向き合い、「今度こそ」と決意する入も少なくない被害者に対する贖罪の仕方は人それぞれだろう。ただ、同じことを繰り返さないことがその第一歩。更生を誓う人たちを支援できる社会であってほしい(久知邦)」( 2018310日西日本新聞)

これを読むと「いじめ社会」を連想します。なにひとつ過ちを犯さなない人は少ないでしょう。


[PR]
by kibouh1 | 2018-05-10 06:23 | 社会 | Comments(0)