気ままなつぶやきです


by kibouh1

選んだものの責任も

f0239450_10352034.jpg

「仲畑流・万能川柳   毎日新聞20161210日 東京朝刊

☆印は秀逸(仲畑貴志選)

☆手の波でふらつき隠すフラダンス 大津 石倉よしを

こうやって滅んでゆくのか人類は 兵庫 岩尾直水

神はなぜ人に指紋のバーコード 舞鶴 百日紅  (以下略)」

種子島から発射されたロケットが打ち上げに成功し、成功率は97.3%という。日本にとって得意分野になりつつあるようですね、

得意分野にならないのが政治です。外国も似たようなものかもしれませんが・・。選ぶ側のどういう基準で投票しているのかも問題のように思いますが。

「(声)自民党議員よ、しっかりして 71歳 20161210日朝日新聞

 自民党の谷川弥一議員が先月30日の衆院内閣委員会で、カジノ解禁法案審議中、質問時間が余っているからと「般若心経」を唱えて解説した。なお時間が余り、愛読している夏目漱石の小説も紹介し始めたという。

 自民党内に国会審議を軽視する風潮がまんえんしている。その代表格が安倍晋三首相だ。年金抑制法案の国会審議で「私の述べたことを全くご理解頂いていないようなら、こんな議論を何時間やっても同じですよ」と言い切った。強引な国会運営が目にあまる。谷川議員の態度は、その延長線上にあるといえる。

 自民党議員は「安倍一強」の現状に、正論を述べると次の選挙で公認がもらえなくなると恐れているのだろうか。内心、カジノに反対する議員もいたのではないか。胸の議員バッジが泣く。

 自民党議員よ、しっかりしてほしい。このままでは安倍流の政治手法がまかり通り、自民党議員は投票マシンと化す。

 国民の声を聞き、より良い政策の実現を目指して同僚議員と討議を重ねてほしい。そして党執行部を通じて政府に働きかけるような力を見せてほしい。」


[PR]
by kibouh1 | 2016-12-13 06:33 | 政治・行政 | Comments(0)