人気ブログランキング |

気ままなつぶやきです


by kibouh1

不満と無関心

f0239450_13291751.jpg

アベノミクスの恩恵がないと最近はよく聞きます。しかし、随分前から効果はないと指摘してきた人たちにとって、どれだけ政治に関心をもってきたのかと問いたくなります。国民の関心の浅さと政治の劣化とは比例するのではないでしょうか。

「一番まずいのは無関心 西南学院大3年 後藤宏基さん(22

安全保障関連法案が衆院 を通過した716日に、法案に反対する福岡県内の学生グループを友人たちと結 成し、デモを続けている。 ボランティア活動をし、ゼミで社会問題を学ぶなか、特定秘密保護法や憲法改正の動きに不安を感じ始めた。とはいえ、少し前までデモなんてかっこ悪いと考えていた。首都圏の学生グループ「SBALDS(シールズ)」の活動も国会がある東京だから熱くなれ るんだ」と思っていた。でも、大学の教員たちが開いた反対集会に参加して「僕らが考えないといけない問題なのに、大人たちが戦ってくれている」と感じ、デモをやろうと決めた。会員制交流サイト(SNS)で見ず知らずの人たちとつながり、7月下旬に福 岡市でした最初のデモは約300人、8月下旬は約3 60人が集まってくれた。8月末は国会前でマイクを握った。「そんなに政府が戦争の危機や周辺国との関係悪化をあおるなら、アジアの玄関口に住む僕が韓国人や中国人と話して遊んで酒を酌み交わし、もっともっと仲良くなってやります。僕自身が抑止力になってやります。個々の鮮が抑止力ということを証明してみせます」と叫んだ。国会がある東京と九州では政治のリアル感が違い、温度差がある。法案にあるのは賛成か反対か無関心。

一番まずいのは無関心だ。 よく分からないという人は もっと知ってほしい。就職への影響を気にしてデモ参加をためらう友人もいるが、デモを踏み絵にする企業には僕は入りたくない。参院でも裁決が近づいている。「憲法の番人」の最高裁の元長官まで違憲と批判するものが法律になっていいはずがない。13日に九州一斉デモをする。

アルバイトや趣味の時間も削られるし、活動はしんどいけど、やめるつもりはない。来年は参院選という意思表示のチャンスがある。かつての安保闘争と違うのはSNSの存在。ボタン一つで自分や他人の意見を共有でき、全国の人々と 連絡を取り合える。日本中に広がっているこの運動を甘く見ない方がいいと思う。(聞き手は坂本信博)」西日本新聞


by kibouh1 | 2016-07-11 04:28 | 支え合う社会に | Comments(0)