人気ブログランキング |

気ままなつぶやきです


by kibouh1

親は愛する存在なのか

f0239450_13153059.jpg

親という役割を果たすことと、愛されるということは同じではないように思う。

「親を愛せなくていい? 関係に悩む人々 語り合い 否定、依存受け 自己肯定感低く

 親からさげすまれたり、依存されたりして育ち、大人になっても苦しんでいる人たちがいる。独立後も「育ててくれた親を悪く言うなんて」という社会通念の中で、思いを吐き出せないまま暮らし、社会生活にまで支障を来している。そこからの回復を目指し、手探りで進んでいる人たちを取材した。

 福岡市の美幸さん(36)=仮名=の母が、会話で最初に口にするのは、いつも「否定」だった。店で気に入った小物を手に取ると「そんなのオバサンくさい」。弟が食器を片付けると「男がそんなことするなんて」。思い通りにならないと立腹し、ドスドスと大きな足音を立てて自室にこもったり、作っていた料理を流しにひっくり返したりした。父は知らぬ顔。「私が家族の輪を保たなくちゃ」と美幸さんが一人でおろおろする。就職し実家を出ても、母は連日電話やファクスで言いたいことを一方的にぶつけてきた。

 そのうち、美幸さんは恋愛や職場での人間関係がうまくいかなくなった。言いたいことが言えないのだ。恋人にたばこのポイ捨てをやめてほしいのに、携帯灰皿を渡すのが精いっぱいだった。「自分に自信がないんです。優しいねって言われるけど、気分を害さないようにしているだけ」。涙が勝手に出るようになった。言いたいことをため込んだ心が、パンクした。(略)

 語り合いの場では、共感しつつ傾聴し、議論や批判、比較をしないのがルール。全てを受け入れる雰囲気がある。親と距離を置き、自分らしい生活を取り戻した女性は「いろいろ言い訳して実家に帰らないうちに『私、悪くないんじゃない?』と思えるようになった」。

 「親を悪く言ってはいけない」という社会通念は、親に拒否感を持つ人に重くのしかかる。「親を愛せない自分は、だめな人間だ」と思い詰めるからだ。

 そのため竹下理事長は、まず「自分を何でも否定する親を愛せないのは当たり前。あなたが健全だからこそ」と伝える。カウンセリングでは成育歴をひもとき、親から「×」を付けられた出来事を、一つずつひっくり返し「○」にしていくことで、自己肯定感を高めるという。(以下略)=2016/06/14 西日本新聞朝刊=」

『家族という病』(下重暁子)という本がよく読まれたという。家族の愛し合う関係だけでなく、家族ゆえに縁を切ることもできないで呻吟している人たちが少なくないことを示しています。家族も、借金したり、病気したり、障害者であったりすれば多くの負担を背負い込むことになります。ですが、社会的な支援はほとんど期待できません。親を愛せない子どもの気持は分かります。それは、親の子育ての姿勢が伝えられない場合も少なくないと思います。私の父は、安月給の公務員で、女遊びだけは年とってからも続ける人でした。母や子どもたちを泣かせても悪いと思っているようには見えませんでした。だから、子どもたちは妻を大事にすることを学んだのかもしれません。

 親は親としての未熟さがある人もいます。子どもが親の未熟さを乗り越えることもあります。ですが、それは個人の関係としても当然是認されてよいことだと思います。親としての役割という立場からだけでは見えてこないものがあるように感じます。本当は何も分かっていないのかも・・・。


by kibouh1 | 2016-06-21 05:14 | 社会 | Comments(0)