気ままなつぶやきです


by kibouh1

違憲の基準は

f0239450_14454989.jpg

公明党の支持母体である創価学会の一部で、安保関連法に反対する意見を公明党に送る署名活動がされているそうです。こんな意見があります。

「(声)公明党は憲法観に沿った行動を 62歳 201586日朝日新聞

 参院改革は2合区で決着したが、公明党は一票の格差を2倍以内に抑える10合区案を民主党などと提出していた。与党が分裂した行動を取ったわけだが、公明党はその理由として「違憲状態を脱しきる考えになっていない」としていた。当然だと思う。

 翻って安全保障関連法案では、自民党と共同歩調を取っている。参院改革での対応と矛盾していないだろうか。

 衆院の審議を通じて、集団的自衛権の行使は違憲ではないかという疑義が出ている。自民党は砂川判決を持ち出して正当性を主張しているが、公明党の山口那津男代表は、砂川判決は「集団的自衛権を視野に入れた判決ではない」と述べていた。

 それならば、参院の審議で憲法観が自民党と違うことが明らかになった際には、公明党は自らの憲法観に沿った行動を取るべきであろう。

 少なくとも、60日ルールに基づいた衆議院での再可決には反対を明言してもらいたい。再可決そのものが参院の存在意義を否定するに等しく、参院改革に取り組もうという公明党の考えとは相反するものだからだ。」

私は、かつて政権に取り込まれながら弱体化していった社会党の姿を見る思いがします。10日の毎日新聞だと公明党支持は共産党と同じ4%あるそうですから大丈夫だということでしょうか。


[PR]
Commented by 脱 国民洗脳なら副島隆彦の学問 at 2015-08-12 15:20 x

アメリカの属国、つまり家来国家 日本! アメりカの洗脳広告代理店、電通による、テレビ、新聞、週刊誌、ラジオ等の、マスコミを使った偏向報道で、見事な国民洗脳をされ続ける日本人は、自分自身の脳、すなわち思考そのものを点検せよ! さらにネット洗脳システムのツイッターやフェイスブックの利用、まとめサイトには注意が必要である。 我々はハッ、と気付いて、常に注意深く、用心して、警戒し、疑いながら生きれば、騙されることはない。 すべてを疑うべきなのだ!

by kibouh1 | 2015-08-12 06:45 | 平和を | Comments(1)