気ままなつぶやきです


by kibouh1

株高・円安だけで景気回復ではない



円安・株高で景気が良くなっているかのように喧伝されている。今の段階では実体経済は何も変わっておらず、いわば期待感からのバブルでしかない。

「株高・円安については海外要因も与って力がある。加えて先行きはなお不透明であり、一時的な「バブル」に終る可能性もある。第二に、株高・円安は政策の目標ではない。目標は景気を良くすることであり、さらにいえば最終目標は人々の暮らしを良くすることである。そして、そうした視点で見ると、株高・円安は、それだけでは最終目標に役立つというものでは必ずしもない。株高は大企業や富裕層にとって は歓迎すべきことかもしれないが、一般庶民の暮らしには無縁である。円安は物価高を招き、生活を厳しくするという一 面をもつ。また、円安基調が保たれて、その恩恵を受けて輸 出が増え、そのことによって景気が良くなっても働く人の所 得は増えず、暮らしは良くならなかったという2000年代 の経験もある」(「アベノミクス」では 暮らしはよくならない 2013.4世界山家悠紀夫)

ましてや、庶民にとって株高は無縁であり、円安はガソリンの値上げなど生活を直撃しています。マスコミが煽っているだけの景気回復という虚像です。

f0239450_1794544.jpg

[PR]
by kibouh1 | 2013-03-30 17:10 | 経済 | Comments(0)