気ままなつぶやきです


by kibouh1

日本の風景とは



朝日新聞土曜日の相談欄からです。

「(悩みのるつぼ)日本の風景を取り戻すには?

■相談者:高校生 17歳
■回答者:歌手・俳優 美輪明宏

〈相談〉
 毎日、外へ出て、工事現場や異国風の建物が並ぶ住宅街を目にするたびに、何とも言えない気持ちになります。日本の風景がだんだん失われていくようで、憂愁を感じずにはいられません。
 どうも今の日本はいかんせん日本らしくもなく文化意識も薄いように思います。グローバル化という言葉をよく耳にしますが、このような状態では波にのまれて民族としての自覚も薄いままにさまよってしまうだけだと思います。
 私の通う高校では留学生の受け入れをしていますが、正直、今の日本に来て何があるのだろうと思います。わざわざ遠くから来るには、何の魅力もないようにすら思えます。
 外国では、新しい家より古い家を好み、昔ながらの伝統を守る街があります。
 そのような街には、自国の文化を大切に思う心、誇りに思う心が根付いており、そこにこそ、きっと真に豊かな暮らしがあるはずだと私は思っています。日本もそのようであってほしいと願うのは、私のエゴでしょうか。
 古来の風景を取り戻した、外国に誇ることのできる、確固たる日本というのが私の理想です。鬱積(うっせき)していく思いを自分の中でくすぶらせていても仕方がないので、私に何ができるか、それとも何もするべきでないのか、教えてください。 」
f0239450_1332212.jpg


回答は人生の達人が答えていますので、それをご覧ください。日本の風景というより、建て替えの早い建築物というものに対する考え方が大事かと思います。先日、バスの中からかつて働いていたビルが取り壊し中でした。まだ、40年ほどしかたっていません。40年というのではもう賞味期限切れの建物かと思いました。手を加えたり、いい材質のものを使ったりなどいろいろな工夫があってもいいように思う。背後には、建てて、壊してを繰り返さないと利益が得られない人たちの思惑があるようにも思う。
 

[PR]
by kibouh1 | 2013-03-04 13:32 | 支え合う社会に | Comments(0)